お通しがブリ大根とは気が利いているね

ブリ大根のお通し

まずは飲み物ってことでエビスの小瓶を頼んだら、同時に出てきたお通しがブリ大根。
ブリ大根とは言っても、見ての通りの上品さ。
面取りをして味を含ませた大根にブリの切り身が乗っている。
ブリは火加減絶妙でふっくら。
木の芽とゆずの皮がアクセント。
お通しではあれど、立派に一品として通用するものだった。
日吉の郵便局の通り(メイルロードという)にある主水(もんど)というカウンターだけのお店。
普段のお通しも、気の利いた3点盛り(例えば、インゲンの胡麻和え、蒸し鶏わさび醤油和え、ホタルイカ酢味噌和えといった感じ)なんだけれど、写真のようなちょっとしっかりした一品も使い分けているそうだ。
さて、次は何に行こうか? って感じで大変好ましいお通しだ。
というわけで4月。今月はちょっと上品に行きたいねw


関連記事
スポンサーサイト
2013-04-01(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR