調味料の「S」は胡椒の「ショ」らしい

調味料の「S」は胡椒の「ショ」

駅の近くにある中国人夫婦がやってる店のランチ。
ワンタンスープとチャーハンで800円。
渋谷の喜楽っぽい焦がしネギを入れたあっさり醤油味。
チャーハンもパラっとしていてなかなか美味い。
しかし、卓上に胡椒がないと思ったら、胡椒の「ショ」を頭文字としたらしい(笑)。
念のために、掌の上で確認してみたが、塩の「シ」(なのか?w)ではなく、胡椒の「ショ」であった。

なかなか良心的で味もそこそこ。
なにより、ほとんど休まない、というありがたいお店なんだよね。
オルフェーヴルが勝った皐月賞は、馬券もパーフェクトだったんだけど、ここでチャンネルをフジに変えてもらって見ていた。
客はオレ独りだったので、TVの前で「来たぁ〜っ!」と力が入ったなw

関連記事
スポンサーサイト
2013-03-15(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR