厚揚げとかがんもを焼いたのが好きなんだよね

厚揚げを焼いたの

焼き鳥屋に行くと、かなりの確率で厚揚げを頼んでしまう。
ネギとカツオブシ、おろしショウガに醤油を垂らして、香ばしく焼けたのを食う。
冷奴ってのは、冷たい同士でビールに合わないと思うんで、あまり注文しないんだよね。
簡単にウチでも食えるしね。
でも、炭火で焼いた厚揚げは、ウチでは簡単にはできない(七輪も炭もあるんだけどねw)。
厚揚げもいいんだけど、丸い「がんも」ってのも好きだねぇ、、、。
飲み屋にあまりないけど、焼いたがんもを大根おろしと醤油で食うのは、子供の頃からの好物だ(笑)。
どっちかというと、油揚げよりがんもだね。
小学生の頃(1960年代後半か)は、夕方になると豆腐屋のオバちゃんがリヤカーを引いて町内に売って回っていた。
そのがんもを魚を焼く網で自分で焼いて食うのが楽しみだった。
納豆も、パックではなくて薄い経木に挟んであって、量も多かったし豆の粒も大きかった。
子パックのからしだのタレだのもなくて、自分で味を調えるのが楽しみだった。
ネギとからしでこんなに美味くなるのか、と知ったのもその頃だね。
一人暮らしの頃、近所の豆腐屋で揚げたての厚揚げを買ってきて、醤油だけで食うってのも、美味かったな。
そう、揚げたての厚揚げは、豆腐屋が近所にないと食えんのだが、これはかなり美味いよ。

関連記事
スポンサーサイト
2013-03-05(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR