1月の「最ジャンク賞」は、第三京浜都筑亭のカツカレー

第三京浜都筑亭のカツカレー

早いもんで1月も終わりです。今月は何を食ったかと振り返って、一番ジャンクだったのがこれ。
第三京浜都筑インターのPAにある都筑亭のカツカレー(苦笑)。
ここのカレーは、ただでさえ量が多いのに、わざわざカツカレーを食うこともあるまい、とは思うのだが、、、。
コロッケカレーでも十分アレなんですが、カツだとより一層。
ま、朝食えば、夜までなにも食わんでよい、という内容。
備え付けの福神漬けと紅ショウガ、それと黄色いのはチューブの辛子。
辛子は自分で絞ったのだが、これによって、色彩も含めて、よりジャンクになってしまった。
ま、でも、カツにソースをかけて食う余地がある点には、良心を感じる。

モスト・ジャンケストだと、最上級がダブってしまってイカンので「最ジャンク賞」ということにした(野球好きとバレてしまうよ)。
ジャンクの定義は、いろいろあるが、塩と炭水化物と油が基本、量が多い、味が濃い、食材の組み合わせのセンスがない、色彩や見た目、食後のもたれ感などを総合して判定する。
カレーなら、とろみが強いほうがジャンクだし、同じラーメンでも太麺はジャンク度が高い、など。
今年は、毎月、末日に月間最ジャンク賞を決めようw
そして大晦日に年間最優秀ジャンクを決定だね。

■月間最ジャンク賞
2013年1月 第三京浜都筑亭のカツカレー


関連記事
スポンサーサイト
2013-01-31(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR