この時期、カワハギは最高だ

カワハギの刺身

近くの居酒屋でカワハギの刺身。
ねっとりしたキモがこの時期ならでは。夏もキモが大きくなるのだけれど、濃厚さでは冬かなと思う。
白身の刺身としては最高だよね。フグより好きなくらいだ。
手軽なお値段ってのもありがたい。
キモと薬味を刺身に乗せて、ポン酢をちょっと付けて食う。
キモに少量の白味噌を混ぜても美味い。
この後、刺身を取った後のアラを味噌汁にしてくれたのだが、これがまたさっぱりとした出汁で美味かった。
刺身ってのは贅沢な食い方で、特に頭のデカイ魚はけっこう食うところが残っているんだよね。

カワハギは、三浦半島でも良く釣れる魚なんだけれど、オチョボ口でエサだけを取るのが上手いので狙って釣ろうとすると難しい。
シロギス狙いの投げ釣りなんかで偶然釣れるときは、驚くほど簡単に釣れるのだが、、、。
仕掛けの着水にびっくりして、バクッと食いつくらしい(笑)。
何年か前のこの時期に、カワハギ用の竿(安いヤツだけど)を新調して、リールには新素材のラインを巻いて三浦に向かったんだけれど、あいにくの強風で船が出ないってことがあった。
それ以来、その竿を使う機会がないんだよね(笑)。

シロギスもそうだけれど、カワハギも脚が早い魚なので、その辺のスーパーなんかではなかなか刺身で食えるものは買えない。
キモ和えは、釣り師の特権でもあり、信頼できる仕入れのお店での楽しみでもあるね。
ダメな店のキモは生臭い。自宅であれば、多少の場合であれば、さっと湯通しして前述のように白味噌と酒で伸ばして誤魔化すけどね。



関連記事
スポンサーサイト
2013-01-23(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR