スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

アイリッシュパブの適量のローストビーフ

HUBのローストビーフ

以前はよく行っていたアイリッシュパブ・チェーンのHUB。
ローストビーフ(スライス数枚、下にマッシュポテト。480円だったかな?)とかラムケバブ(1本ずつ注文可能)とか、定番のメニューが安くて適量なのがありがたい。
ビールも、ハブエールなどオリジナルのブランドもあって、なかなか良い。
何と言っても、ウイスキーの安さは群を抜いている。
ラフロイグ10年がストレート520円で、ソーダ割にすると630円。
ラフロイグのストレートをソーダ割をチェイサーにして飲んでも1150円だ。
このときは、グレンリヴェット12年が380円(!)、期間限定で普段は630円のアードベッグが420円だった(いずれも30ml)。

洋酒が飲める店としてはかなり安いので、恵比寿のお店なんかは行っても入れないことが多かった。
久しぶりに日吉の慶応の生協会館に入っている店に行ったけれど、学生が大宴会をしていたね(笑)。

今は経営が変わったけれど、元々はダイエーの中内氏が英国に行ったときにパブを見て日本で展開を始めたキャッシュ・オン・デリバリ(COD)の洋風居酒屋チェーン。
HUBは、ハブ&スポークのHUBだそうだ。82エールハウスってのも同系列。
ターミナル駅にはたいていあるし、メニューも共通なので困ったときのHUBという趣もあるね。
CODの上に、店によってはSuicaが使えるので、チャージしては飲み、飲んではチャージする、などという使い方もできる(苦笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2013-01-21(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。