たまには「ハト」などを食ってみたがソースが素晴らしい

フランス産ハトとフォアグラのパイ包み焼き トリュフソース

一つ前のエゾシカのお店のメインディッシュがこれ。
「フランス産ハトとフォアグラのパイ包み焼き トリュフソース」。
パイ包み焼きの断面は、上からフォアグラ、ハトの肉、ハトの内臓等を叩いたもの。
まったくクセがなく、パイ包みのせいかフワッとしていて、するすると腹に収まってしまう。
何と言っても、マディラ酒の甘みが絶妙なソースが美味い。
ブルゴーニュの赤、残り半分でちょうど良い。
この後、食後酒を飲んで締めましたw


関連記事
スポンサーサイト
2013-01-19(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR