マトンカレーとタンドーリ2種のランチ

カレーランチ@ハリラッサイ(元ZARA)

宗教上の理由で酒を出さない近所のインド料理屋は、夜は酒を調達して持ち込む必要があるが、ランチはこっちも飲む気はないので面倒がない。
チキン2個、シシカバブ、それにマトンカレー(カレーは選べる)。
カレーもタンドーリも美味い。
ナンは断ってライスオンリーで。ナンを食ってしまうと腹一杯になりすぎて、午後が使い物にならなくなる。
これにサラダ(豆とかキャベツとかのサラダ)、デザート(マンゴーアイス)、選択可能なドリンクが付いて1050円。
本来、ナンが付いてくるのだけれど、その場合はライスはほんの少しになる。
タンドーリチキンだけなら950円、カレーだけなら850円なので、迷わず両方付けるよね(笑)。

店主が、オレの顔を見ると、「今日はマトンビリヤニがあるよ」とか「カレーは、チキンと野菜と豆なんだけど、マトンでもいいよ」などと、羊好きを覚えていてくれて、大変ありがたい。こういう、ちょっとした柔軟さがバイトで回しているお店には全く期待できないものだよね。というか、インド人の商売の感覚が総じてちゃんとしている、ということだと思うんだな。
このレストランを経営しているハラルフードの食材を売っているお店に行くと、必ずインド人の若いスタッフが商品について「分かりますか? 大丈夫ですか?」と聞きにくるしね。

ま、いろいろ考えさせられることはあるけれど、日本のマニュアル接客のクソなチェーン外食は、相当に世の中をダメにしていると思うよ。
よくブラック云々って言われるけど、従業員にとっては当然のブラック、買い叩くので生産者にとってもブラック、結果、客にとってもブラック(食っていると暗澹たる気分になるw)、だよなぁ、、、(で、儲かって黒字かよ:苦笑)

関連記事
スポンサーサイト
2013-01-05(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR