タイ料理屋のランチのスープが素晴らしい

タイ料理屋のランチのスープ

「量が少なくてもタイ料理」などと言いつつ、郵便局に寄ったりしてから、駅の反対側のタイ料理屋まで自転車で行く。
ランチは、850円均一で数種類あって、写真のスープと春巻きが乗ったりした日替わりのサラダとタピオカのデザートがつく。

とにかく、最初に出てくるサラダ(タイ風の甘辛いドレッシング)とこのスープが美味い。
大根とひき肉に、セロリ、ショウガ。薬味にネギとパクチーが入っている。
辛くない塩味で絶妙に薄味。ナンプラーをほんのちょっと垂らしても良いが、そのままで味わいタイw
ここのシェフは小柄なタイ人なんだけれど、いい腕でどの料理も美味い。
晩飯に食ったムーマナオ(豚とレモンのサラダ)なんか素晴らしかった。
けっこうビシッと辛いけど、そこがいいね。

インド料理ってちょっと文化の違いを感じさせられるけれど、タイとかベトナムとかはアジアってのは一緒だなぁ、、、と思うよね。
このときはグリーンカレー(ゲーンキョワンガイ)を食ったけれど、鶏とナスと竹の子だからね(ココナッツは日本じゃあまり使わないけど)。

タイの長粒米も、ぱらっとしていて美味いね。
20年くらい前の米不足のときに流通したものには感心できないものもあったけれど、そんなことはまったくない。
トムヤムスープの味付けで炒めたチャーハン(カオパットトムヤム)なんかも美味いよね。

東横線・綱島駅から高田方面へバス通りを数分歩いて右側にある「アイヤラー」(昔話に出てくる象の名前らしい)。
最近は、タイ料理屋が増えてありがたいね。新橋の烏森神社の近くも美味かったし、その系列店が自由が丘にあるし、行動範囲内で困らなくなった。

ああ、また食いたくなった、、、w



関連記事
スポンサーサイト
2012-12-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR