スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

たま(でもないが)に食ってしまう吉野家の「牛丼並みとコールスロー」

牛丼並みとコールスロー@吉野家

やっぱり牛丼は吉野家だと思う。米国の穀物牛のショートプレートというクズ肉ならではの味わい(笑)。
他に比べて、味付けあっさり目だし、汁のからんだご飯があまりどろどろしない。
キムチだの、なんかの炒め物だの、煮物だの、チーズだの、マヨネーズだのといった、塩分を助長するようなオプションがほとんどないのも良い。
卓上にドレッシングやタレの類がないので、それらをさらにかけまくってジャンクにすることもない。
ま、この辺がヘビーユーザーには物足りないのかもしれんが(笑)。
(松屋で牛めしに表面が見えないくらいの紅ショウガを乗せてさらにドレッシングを大量投入しているのを見たことがある)

紅ショウガも、スタンダードな感じで好ましい。
種だらけの七味までもが、下手に七味らしいと調子が出ないとさえ思わされる。
若い頃は、特盛りだの、けんちん汁だのを一緒に注文したりすることも多かったけれど、最近は、もっぱらコールスローばかり。
今まで、コールスローはケンタッキーだと思っていたけれど、吉野家のコールスローは安くて量もあって、さっぱりと美味い。
コールスローが食いたくて吉野家に行くような感じさえなくはない。
漬物は食わんし、不味い味噌汁は要らんので、セットなどにはしない。
これで、支払いに Suica が使えると最高なんですけどね(笑)。

ま、それにしてもこれ、名言「デブはサラダを注文する」の典型例ですね(苦笑)。

関連記事
スポンサーサイト
2012-12-19(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。