スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

五郎さんをみていたら、猛烈に四川料理が食いたくなった

鶏の唐辛子炒め

井之頭五郎さん(松重豊演じる孤独のグルメの主人公)をネットで見ていたら、京成小岩の四川家庭料理、ってのが出てきて、見ているうちに猛烈に四川料理が食いたくなった。
さすがに、思い立って京成小岩という訳にもいかんし、入れなかったときのダメージが大きすぎる。そもそも、テレビに出たような地元の小さな店を荒らすのは本意ではないので、適当にサクッと行けるところで、それなりに花山椒と唐辛子がはっきりしているところへ。

まずは、鶏の唐辛子炒め(写真)。
鶏より、丸い唐辛子のほうが多いくらいなんだけど、辛すぎずビールに合う。
唐辛子も何個か食うけどね。
その後、ウーロンハイにして、四川麻婆豆腐とご飯(軽く1杯)、スープ、ザーサイで締め。
麻婆には、卓上の花山椒をたくさんかける。
ちょっと塩気がきつかったが、久しぶりに痺れる感じを堪能した。

ま、でも、酒を飲まないとはいえ、五郎さんはスリムなのによく食うねぇ、、、。
ほとんど私と同じ年齢設定なんだが、あの食生活は食いすぎだろ(笑)。
こっちは酒を飲むので、あんなにいろいろ食えなくて残念だ。
ご飯お代わり、なんてありえない。
そうか、一人でいろいろ食うために酒を控える、ってのは悪くないかもしれないね。
今度、やってみよう(笑)。
しかし、酒は糖類だから、満腹中枢に働きやすいのであって、それを防いでたくさん食うのもどうか、ってことだな。
この後にウイスキーを飲みにいくなど、酒飲みはハシゴするのも良くないな。
一発で、満腹&満足でお終い、ってことにすればよいのか(笑)。
いろいろ考えるが、飯(コメってことじゃなくてバンメシね)は酒あってこそ、なんだよね。
「食」などと言うのもおこがましいので、メシ、だねwww
下記は、食い終わったところ。

鶏の唐辛子炒め、完了



関連記事
スポンサーサイト
2012-11-28(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。