スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

卵とじそばといなり寿司で軽い昼飯

卵とじそばといなり寿司

ヨーカドー系セルフそばの弁天庵で卵とじ(かき玉)そばといなり寿司1個。
いなりは、ご飯に混ぜ込んであるのが「ごま」と「わさび菜」があって、明らかにわさび菜がきりっとして美味い。
ま、肉っけのない軽い昼飯で、夕方にはすっきりと腹が減る。

そば屋で種物というと、普段は鶏南蛮なんだけれど、たまには卵とじ、あるいはカレー南蛮。
月見は食わんけど、卵とじそばとか親子南蛮(弁天庵にはないが)はたまに食べる。
かき玉は、汁が濁らなくて良い。
月見は、白身がべろべろしているし、黄身で汁が濁ってしまうから、どうにもいただけない。
天玉そばなんて、もう、汁だけでなくせっかくの天ぷらの衣まで、、、って感じだよ(笑)。
だから、土鍋の器で白身が固まる鍋焼きなんかもごくたまに食べる。おでんの卵も食べる。

池波正太郎のエッセイで、若い編集者とそば屋に入ったら、そのそば屋はもり蕎麦に生の鶉の卵を付けて出すのが流儀だった。編集者が鶉の卵を手に取ったので、「君、よもやそれをそば汁に溶くんじゃあるまいね」と言ったってくだりがあるんだけれど、せっかくのそば汁を黄身で台無しにしてどうするのか、だよね。別皿でという手はあると思うけれど。


関連記事
スポンサーサイト
2012-10-30(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。