近所のもつ焼き屋にてタンとミノ

もつ焼き「いくどん」

町田界隈には「いくどん」というもつ焼き屋が何軒かあって、安くて美味いので大変に好ましい。
モツは新鮮で量が多くて安い。安い部位だと1人前400円とかで10切れくらいついてくる。
厚切りカルビ等(モツだけでなくカルビとロースもある)の高いところでも600円台。
キャベツとテールスープがサービスで、お代わり自由なのも良い。
●角とか安●とかに爪の垢をせんじて飲ませてやりたいお店である(ゴチニクは悪くないが:笑)。

こういうお店では、当然、例のごとくに「安酒」である。生ビール(発泡酒の訳が無い)は1杯で、あとはウーロンハイとかライムサワー(明治屋のライムシロップだよ)などで、一人で片っ端からモツを焼いては食い、焼いては食い、安酒を飲んでは食い、焼いては飲むの繰り返し。
味というより、歯ごたえとのど越しが楽しみだね。
このときは、カシラ(豚のコメカミ周り)と牛のタンとミノ(牛の第1胃)。
ギアラとかレバーとかシロとか食わなかったので、部位として頭と舌と最初の胃ってことで、上流のほうばかりになった(笑)。
滞在時間30分で満腹&3000円って感じで、一人ならではのペースと注文内容だ。

もつ焼きは最高だったが、煙の向こうのテレビが目に入って、ったく中日は詰めが甘い、と鼻白んで店を出た(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2012-10-23(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR