焼き鳥には「安酒」だな

焼き鳥 淡海

若いころからたまに行く居酒屋の焼き鳥である。
手前からカシラ、トリ、ブタバラ。
どれも、100円台で美味いのだが、特にブタバラは黒こしょうが効いているのとネギではなくてにんにくの芽が刺してあって非常に美味い。
これと手作りのポテトサラダ(ハムを刻んだのが入っていてこれも美味い)くらいで、けっこう幸せなもんだよ。

で、ま、こういう肴には、ビールとかホッピーとかサワーとか銘柄など指定しない一番安いただの燗酒だよね。
安酒の醍醐味というか、こういう肴で酒を飲むのが基本というかなんというか。
サクッと飲んで、ちょっと酔って、風呂に入って、明日も仕事だ、ってことなのである。
安酒エッセイには本当に腹が立ったので、しつこいのである(笑)。

自由が丘の淡海。
浮かれた店が多い街で店名の通り淡々と長く商売を続けているありがたいお店だ。
この時は食わなかったけれど、メザシとウルメと丸干しがあるのが渋い。


関連記事
スポンサーサイト
2012-10-14(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR