スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

手羽先の塩焼き。食いモンには分かりやすいジャンクさが必要だ

手羽先

手羽先の塩焼き。
シンプルに塩を振って焼いたものだけれど、見ただけで味も匂いもアタマのなかに浮かんでくる。
味の想像がつかないようなものだと、なかなかこういう感じにならない。
そのインパクトの強さは別として、体験にヒモづくかどうかってのが、美味そうだと感じるかどうかの分かれ目。
これ、実は料理の最大のポイントであって、どんなに良い素材で技を駆使して上品に仕上げても、何かひとつ分かりやすい点、ジャンクさとか若干の田舎くささとか、そういったポイントがないとなかなか伝わらない。
その点、カツカレーなんてのは、いいところを突いた食いモンだよねw



関連記事
スポンサーサイト
2012-10-03(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。