朝の回らないアタマで考える「納豆牛小鉢定食」@目から鱗の「吉野家」

納豆牛小鉢定食

これ、400円なんですよ。参っちゃいますねぇ、、、。
海苔(味付け海苔)かシバ漬けのどっちかはなくてもよろし、ってくらいの感じだね。

吉野家ってホントに真面目だと思うのは、納豆が量がたっぷりでかき混ぜやすい容器であるとか、ちゃんと別皿で納豆用のネギが付いてくるとか、その別皿が海苔の醤油皿として大変に使いやすい形である(Sガストなんて空の小鉢だからね:笑)とか、ですね。
最近食わないから今どうなっているか分らんけど、かつてカレーの福神漬けが別皿だった、なんてのも吉野家以外では見たことがない。
酷いところはカレー皿に乗っけたスプーンの上に福神漬け山盛りなんてのがあるからね。どうやって食えというのか?(苦笑)

ま、そんなこんなで吉野家で朝飯なんだけど、胡乱なアタマでメニューを見る(混乱を助長するので焼き魚は省略)と、

1)納豆牛小鉢定食 400円
2)納豆定食 350円 
  内容は、1)- 牛小鉢 + 生卵
3)ハムエッグ納豆定食(コードネームはハムナットウ)400円
  内容は、1)- 牛小鉢 - シバ漬け + ハムエッグ&千切りキャベツ 
4)ハムエッグ牛小鉢 (同じくハムコバチ) 450円
  内容は、1)- 納豆(&ネギ) - シバ漬け + ハムエッグ&千切りキャベツ
5)単品で、海苔は50円、納豆は70円とある

ということになっていて、「方程式」を使って計算すると、微妙に定食によって、牛小鉢などの単価が異なるのだな(笑)。
1)と2)の内容の差から、牛小鉢と卵の差額は50円と計算できて、単品だと卵50円だから、牛小鉢は単品設定はないものの100円か、と思われるが、3)と4)の比較で牛小鉢と納豆の差額が50円と導けるので、納豆の単価を加えると牛小鉢は120円ではないのか、ということは、納豆系とハムエッグ系では牛小鉢の量がちょっと違うのか、などと疑問が深まる(笑)。

メニューはこちら。
   ↓
http://www.yoshinoya.com/menu/morningset/index.html

なかなか巧みな組み合わせと価格設定で、朝の胡乱なアタマでは、何がお得なんだかよく分らないようにできている。
ま、こういうことにアタマを使うのは、せっかく迅速に出てくる吉野家なんだから、明らかに人生の無駄であって、食いたいなと思ったものをサクッと食うべきなのだな(笑)

それと、今朝は一つ勉強になることがあった。
いつも、「ご飯は普通盛りでよろしいか?」と何気に聞かれるんだけれど、実はこれ、大盛りは+30円なんだよね。
これまで、「ったく、こいつ食いそうだ、とか思って足元見やがって」とひねくれ根性で完全に大盛り前提で「普通でOK」と言っていた。
しかし今朝は、明らかに親子と思われるオジサンと高校生くらいの男の子が入ってきて、同じ注文で同じやりとりになっていたんだけれど、そのオジサンが「ご飯は少なめで」とオーダーしたんだよね。
これは、まさに「目から鱗」だったなぁ、、、。目から鱗とはこういうときに使う言葉、と納得するくらいの衝撃だった。
普段、たくさん食うことしか、あるいは大盛りはサービスなのか、などとしか考えてない、ってことがよくわかった。
平日の朝に父親と吉野家って、不登校じゃね? とか、吉野家にBMW735かよ! とか、オヤジは工務店かなんかで自営業だなとか、いろいろあったんだけど、全部飛んだ。

ご飯は普通盛りでよろしいか? > 少なめで頼むよ!

これはかなり新しい。
吉野家一つでも退屈しないのであったw


関連記事
スポンサーサイト
2012-09-25(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR