メキシカンの「チミ」は揚げブリトー

チミ

日本でメキシカンのお店があまりないのは、30年くらい前のコンビニによる「ブリトーの失敗」が影響しているのではないかと思う。
コンビニがブリトーを売り出したとき、これが酷いものだったんだよねw
ダメなものを表現するときのギャグのネタになったくらいだった。
「ダメ、ダメ!」の代わりに「ブリトーっ!」というのだった。
そう言えば、コンビニには今でも売っているけれど、30年間買ったことがない。多少はマシになったのだろうか。
どこの料理でもそうだけれど、定番となって広く食べられているものに酷く不味いなんてものはない。
好き嫌いはあっても、基本を押さえてあれば「なるほど」というところが必ずある。
ブリトーは、本格的なメキシカンのお店に行くとまるで別物なので、コンビニ・ブリトーは不幸な出来事だったよなぁ、と思う。

写真は、「チミ」というメキシコの料理。米や肉などが入ったブリトーを揚げてソースとチーズがかかっている。
揚げてあるとは思えないふわっとした食感。
一つ前の広尾のお店。


関連記事
スポンサーサイト
2012-09-15(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR