鰹の叩き

鰹の叩き

鰹の叩きってのは、アジと並んで、就職で東京に来てから覚えた味ですね。
30年前の北海道ではほとんど出回っていなかった。
アジの干物くらいはあったけど、ホッケなんかに比べると量が上品過ぎで、あまり売れてなかったと思うね(笑)。

鰹は、本当に美味い魚だと思う。刺身もいいけどやはり叩きが美味いし、飽きずにたくさん食べられる。
薬味をたっぷり乗せて、ポン酢系のタレをかけてあるのもいいけれど、こういう盛り付けも良い。
このときは、すりおろしたニンニクとショウガ、穂紫蘇にミョウガとネギだったかな?
ミョウガは大事なポイントですね。

この時期の鰹はさっぱりとした赤身で血の味がして美味い。
戻り鰹はちょっと脂が乗り過ぎですぐに飽きてしまう。
若い頃は関係なくたくさん食っていたけれど、ま、なんとなくそういう感じになってくるもんだね(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
2012-05-17(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR