マグロの赤身とわかめと長芋のぬた

ぬた

これは、渋谷の麗郷通りの真ん中くらいにある蕎麦屋「福田屋」の酒肴。
この店は、酒肴が充実していてとても良い。
写真のような季節のものも良いのだけれど、実は、コロッケに止めを刺す。
個人的には、渋谷界隈で一番美味いコロッケだと思う(東京でとか日本一とか、簡単に言ってはいけない:笑)。
2個で1人前なんだけれど、一人客には1個にして半額で出してくれるのもありがたい(写真は撮り忘れた。ま、見てくれは普通のコロッケである)。
このコロッケでビールを飲み、もり蕎麦で締めるのであるな。
けっして、コロッケそばではない(笑)。

なお、ここの蕎麦はもり蕎麦が良い。細めで繊細、蕎麦の香り高いそば粉の刺身とも思える蕎麦は、熱い種物ではかなりの勢いで食わないと、伸びてしまう。種物にはちょっと太く打ったそばならどうか、とも思うけどね。

もう創業70年に近いらしいのだけれど、僕が行くようになってからは20年ちょっとかな?
自社ビル(福田屋ビルという)らしく、そのせいもあると思うが、全体に価格が安いのもありがたい。
それでも、従業員の日本人率は低下の一途ではあるが(教育は行き届いている)。
正方形に近い店内。一人なら混雑時でも座れるような大きな相席前提のテーブルがあって、これもありがたい。
昔からの店なんで、禁煙とか分煙とかうるさいことは言わない(オレは吸わんけどね)。

で、なんと言っても、アンパンマンのバタコさんにそっくりなおばちゃんが最高だ(笑)。

関連記事
スポンサーサイト
2012-05-15(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR