アジアンレストランで「フォー、なるほど」

フォー

フォーってのは米の粉の麺なんだけど、なかなか腹に優しい感じがしていいね。
スープも塩味でさっぱり、レモンと香菜(パクチーとかフレッシュコリアンダーとか言う)でさらにすっきりとした風味になる。
酸っぱくて辛いので、さほど塩気がなくても美味しい、ってのもいいところ。
写真のフォーは、鳥のフォーで「フォー・ガー」という。
紫タマネギ、ネギ、チンゲン菜などがたくさん入っていた。
これで500円は安いね。

アジアの食べ物ってのは、なんとも言えず落ち着くねぇ、、、。
トマト味のパスタなんかも好きなんだけど、やっぱり、パッタイ(タイ風焼きそば)とかガパオライス(ひき肉炒めを乗せたご飯)なんかにニョクマム(ナンプラー)の発酵系の味わいを加えると、「ふぉー、なるほど、アジアだよねぇ」としみじみ美味い。アジアの人間であることを実感するね(行った事ないんだけど:笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2012-05-08(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR