江戸前な感じの天丼

天丼@天茂

久しぶりに美味い天丼を食った。
毎日食うとヤバそうだけど、たまに食うと腹の調子(ま、潤滑良くなって翌日のお通じが、、、:笑)が良くなるのが天ぷらの良いところ。
胃にもたれるようなのは、ダメな天ぷらだ。

海老と小柱のかき揚げ天丼が一番の売りの店らしいのだが、野菜の天ぷらも食いたかった(サツマイモとかカボチャとか要らないんだけど:笑)ので、あえて天丼にしてみた。
ラインアップは、穴子(右半分)、きす(左上)、ナス(真下)、しし唐(左下)。
メインは海老ではなくて穴子。これ、「穴子ですけどいいですね?」と注文の際に念押しされる。
色の濃い江戸前な感じの天ぷらで、堅めに炊いたご飯とタレが多すぎないのが良かった。
天丼でご飯の水気が多い(失敗すんなよ:苦笑)と、天ぷらにまで水気が移ってしまって(タレとは違って)、なんだかだらしなくてダメだよね。
昼時は、お茶のポットが卓上にあって、赤出汁(しじみ)が別なのも良い。
赤坂の天茂。こういう店は夜に行って、燗酒で天ぷらを楽しみたいね。


関連記事
スポンサーサイト
2011-12-22(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR