スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ハモの照り焼き

ハモの照り焼き

自由が丘の金田で食べた「ハモの照り焼き」。
適度な量とリーズナブルな価格で一人飲みにありがたい。

ところで、このハモってのは、田舎モノのオレには、本当の美味さが分ってない魚の典型なのだな。
東京で食う限りは、季節のものではあれど、それほど美味いと思ったことはない、という感じなのであるな。

この照り焼きもそうだけど、梅ダレで食べる湯引きとか、天ぷらとか、食べたことはあっても、それがピンキリのどの辺に位置するのか、ってのはぜんぜん分らない。
骨きりが必要だとか、ここのハモは骨きりが上手いとか下手とか、そういった話はまだしも、味わいというアナログな感覚の話は、ことハモに関してはできないのであるな。
ハモをハモ足らしめる、独特のものは何か、が分っていない。
(ま、他にもわかっていないものは多々あるんだけれど)

一度、関西に行って、これぞハモ、ってのを食って、ベンチマークとしたいものだ。

関連記事
スポンサーサイト
2011-08-15(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。