スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

かき揚げ

かき揚げ

天麩羅ってのは、衣や油を感じるようではダメなんだよね。
衣に包​んで油で揚げることによって、直火ではなく水分や旨味が逃げずに​、絶妙な加減に火が通った季節の素材の味わいを濃厚に感じる、っ​てものだと思うんだよね。
衣は素材に直に熱を当てないため、素材を熱しすぎ​ないための方便、ってくらいの感じ。
これ、かき揚げでさえそうな​んだよね。
このかき揚げはまさにそれ。小エビとか貝柱を美味しく食べるための仕掛けであって、衣はまったく邪魔をしない。
で、こういう天麩羅は、いくら食べてもまったくもたれない。
家で作るのも美味しいんだけど、ま、「家庭の天ぷら」という別の揚げ物だね​。
南武線・向河原の「天富良 森井」。美味しくて良心的なお値段で、まったくありがたい。


関連記事
スポンサーサイト
2011-07-24(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。