かしわ南蛮

かしわ南蛮

冷静に考えると、そば粉は使っているとはいえ、炭水化物と塩という意味では、ラーメンとあまり変わらないものではあるが、もたもたに厚ぼったいかき揚げなどは食わんし、背脂デロデロなんてこともないので、多少マシかもしれない。

前にも書いたかもだけど、種物のなかで一番はこの「かしわ南蛮」。
鴨南蛮は美味いのは高いし、安いのはかしわ南蛮にかなわない。
盛りそばにしても、盛りで美味い蕎麦屋って本格の店であってなかなかその辺にはないので、適当な種物のほうが満足度は高い(盛りは品質基準が高くなっちゃうよね)。

そば味噌で熱燗を飲みながら待っていて、出てきたところで、鳥を一切れ、二切れで酒を飲み終えて、蕎麦にとりかかる、って感じだと最高だけどね(笑)。
とにかく七味をたっぷりで、できれば山椒の効いた黒七味がよい。

ま、こう見えて、食いたいものを食いたいだけ食っているわけでもなくて、それなりに考えたうえで、もろもろ勘案した微妙な妥協点でそのとき食べるものを決めているわけですね(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2010-11-09(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR