タコのルイベ

タコのルイベ

北海道産のミズダコのルイベ。
生のタコは切りにくいので、これは薄く切るには良い方法かもしれない。
身がしっかりしているので、鮭なんかと違ってシャクシャクな感じにならず、噛んでいるとじわっとタコのうまみが感じられる。

ルイベというのは半解凍で食べる生魚。
いったん冷凍することで寄生虫が死ぬので、虫がいる可能性のある魚も火を通さずに食べられる。
かつては、鮭などは絶対に生で食べずにルイベにしていた。
最近はトロサーモンなんてのが横行しているけれど、子供の頃からの刷り込みでいまいち食べる気になれない。
あと、サンマの刺身なんかも北海道でさえほとんどなくて、基本、ルイベだった。
サンマは刺身だとかなり鮮度を問う(要するにホントに美味いと思うことはほとんどない)ので、ルイベが良いかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト
2010-09-22(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR