スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

暑いけれど、やはり鳥南蛮だなw

鳥南蛮

気温36℃とか言われても、蕎麦はやっぱり種モノだ(個人的嗜好ですがw)。
中でも鳥南蛮は、好きだねぇ、、、。
駅そば、立ちそばでは食えないのも鳥南蛮(逆に駅そばでないと食えないのは春菊天とごぼう天)。
この店の鳥南蛮は、ホウレンソウが特徴か?
けっして、抜群の相性とも思わないけれど、後で見たときに店を特定するためのアイコンとして悪くないかもね。
運ばれてきたときに、丼から立つ出汁の香りが素晴らしいね。
鳥ひとつずつに七味を振って食い、そばひとたぐり毎にちょいと七味を振る。かなりの七味摂取量になるね。

で、大外れがないのも鳥南蛮(ま、よほどのことがない限り外しようがないけどね。以前、別の店で明らかに鳥が臭い、ってのがあったな)。
もりそば、ってのはこの点で、実はけっこう難しい。
もりそばの良し悪しのレンジは広大だけれど、鳥南蛮のレンジはそんなに広くない。
ま、飲んだときの締めでもない限り、もりそば1枚じゃ食った気にならん、ってのが最大のポイントではあるんだけどねw

この店は、渋谷・道玄坂を半分くらい上った左手に昔からある「朝日屋」という蕎麦屋。
すぐ近くに飲兵衛には有名な「福田屋」もあるし、周りはラーメン屋が何軒もできたし、さぬきうどん屋もあるし、という状況なんだけれど、昔と変わらずやっている。
店先に「食べようよ 鴨せいろ」「やっぱ 天ざる」という白黒2色の幟を立てているのだが、「ちゃんとしたおしぼりも出すんだから、もりそば1枚で30分も居ないでくださいよ」的な感覚が滲み出ていてなんとなく可笑しい。
ま、でも、福田屋のように酒を飲む方向に振っていない(酒肴はあるけどね)普通の蕎麦屋なので、延々と飲んでいる年配6人組とかは居らず、サクッと食う昔ながらの街の蕎麦屋の体裁を保っている(とはいえ、ラーメンやカレーまで出しているわけではない)。
これも昔から、10枚でもりそば1枚になる深緑色のサービス券をくれるのだが、必ず10枚になる前に無くしてしまうのも変わらない(笑)。

そうか、8月も今日で終りですか、、、。
月末作業としては、まずは、好例の月間最ジャンク賞だね。
今月は、「横浜西口地下のカレースタンド、リオの半スパカレー」ですねぇ、、、w
「炭水化物系、主食系の組み合わせで、あれも食いたいこれも食いたい、両方食いたい、というジャンクな心に応えるメニュー。ちょこっと付いてくる野菜も、なんとも往生際の悪い感じがして痛恨」ですねw

■月間最ジャンク賞
2013年1月 第三京浜都筑亭のカツカレー
2013年2月 スーパーの売れ残り半額カツ丼
2013年3月 ブデチゲ
2013年4月 鳥の竜田揚げと豚しょうが焼き、ナポリタンの盛り合わせランチ
2013年5月 すき家の焼きそば牛丼
2013年6月 あんかけ焼きそば
2013年7月 すき家のうな牛
2013年8月 横浜西口地下のカレースタンド、リオの半スパカレー

 
スポンサーサイト
2013-08-31(Sat)
 

鳥竹で久しぶりに焼き鳥

焼き鳥、砂肝、塩一丁

渋谷で焼き鳥といえば、まずここと筋向いの森本なんだけれど、やはり腹が減っているときは鳥竹になってしまう。
瓶ビールはサッポロの赤星。つみれ焼き(ピーマンの肉詰め)に写真の焼き鳥と砂肝の塩(「焼き鳥、砂肝、塩一丁」とオーダーが入る)。
鶏がとてつもなく美味い、というわけではないけれど、ボリュームと値段のバランス、気負い過ぎていない焼き鳥とその他のメニュー、鍋物やご飯物(鶏茶漬けが美味い)もある幅広さ、など庶民的で本当に捨てがたいお店だ。
そもそも、焼き鳥ごときで高級店ってのは落ち着かないよねw
 
1984年に東京に来て、当時の会社に来ていた青学の学生バイト(中村君っていったな。恵比寿ラーメンも香月も彼に連れられて行った。彼も、もう50だろw)に教えてもらって以来。
一時期、都立大のあたりにすんでいた頃、大晦日(12/30だったかもしれないw)といえば、昼過ぎからここで飲んで、ほろ酔いで東横線に乗って戻り、自由が丘で蕎麦を食って部屋に帰る、ってのが毎年の習いだったことがある。
30年経つけど店も焼き鳥も変わらないね。
ダメなバイトはすぐいなくなる、ってのも相変わらずだ。
 
いつも込んでいるので、ちょっと覗いてカウンターに座れるときだけ入る。
焼きも待たせないので、サクッと飲んで食って3000円前後。
こういう店に対して、「予約すると2時間なので、先発隊が席をキープして云々」などとカスなことを指南しているつもりの連中は、まったくもって話にならないと思う。

 
2013-08-30(Fri)
 

シンコの酢の物

シンコの酢の物

シンコってのはコハダ(さらに成長してコノシロとなる)の若魚。
典型的な江戸前寿司の夏のネタだよね。
コハダは、寿司1貫に一切れで握るけど、シンコはこんな大きさなので3切れから5切れくらいで1貫を握る。
ま、でも、このサイズの魚を捌いて、塩で締めて、酢をして、って仕事には頭が下がるよね。
小さい青物だからかなり足が早い(傷みやすい)だろうし。

とはいうものの、美味いシンコを出してくれるような寿司屋には滅多に行かない(なんか腹が一杯にならないんだよね:笑)わけで、写真は居酒屋で食ったシンコの酢の物(自由が丘の金田)。
さすがに8月も下旬なので、小振りのコハダって風情だな。走りのころはもっと色が淡いんだよね。

コハダやシンコは、塩と酢で締めて食うところに寿司屋の執念みたいなものを感じるけれど、同じく足が早いシロギスなんかに対してはそこまでのやる気は感じられないモンだよね。
シロギスも、刺身はもちろん、昆布締めなんかでも美味いと思うけど、コハダなら年中、夏ならシンコというような必須ネタって感じはない。
東京湾には、絶滅しちゃったけど「青ギス」なんてのもいて、遠浅の砂浜の沖に立てた脚立の上で釣るなんてのがスタイルだったらしいし、シロギスはいまでも釣れるけれど、江戸前の寿司ネタとしてはシロギスはほとんど無視されているよね。
これは、なんでなんだろうね?
釣りをする立場から考えると、中層/表層を泳いでいるコハダ、シンコは網で獲るけど、シロギスは砂地の底にいるので獲るのが簡単ではない、いちいち釣ってられないってこともあるかな?
あ、でも、江戸前の天ぷらはキスは必須だな。逆にコハダやコノシロの天ぷらってのは、聞かない。
こりゃ、なかなか深いねw

 
2013-08-29(Thu)
 

一部で秘かなブームの「アルファ丼」w

アルファ丼

鰻丼にからくり焼きを追加したのが「アルファ丼」。
アルファロメオのエンブレム(十字軍の盾と人を呑む蛇)にそっくりなので、勝手にこう命名した(笑)。
ま、ご飯の余白を埋める、ふっくらとしたかば焼きとしっかりしたからくりの食感の違いを楽しむ、ということなんだけれど、どう見てもかば焼きが盾でからくりが蛇だよね。
自由が丘で昼飯を食う人には秘かなブームなのだな(笑)。
アルフィスタであってもなくても、鰻丼にはからくりを追加でぜひ!
自由が丘の「ほさかや」の昼飯。1200円。からくり350円。
鰻1枚の丼が1200円で、2枚の重が2400円。
夜は飲むとこなので、丼も重もないから御注意を。
かば焼きは明らかに昼の方が美味い。

 
2013-08-28(Wed)
 

創業86年! 横浜の「勝烈庵」ってのはありがたい店だね

勝烈庵のロースカツ

馬車道とか横浜西口の地下街とか、立ちまわり先にあるので、手広く展開しているかと思いきや、実はWebサイトによれば4店舗しかないのが「勝烈庵」。
言われて見れば、都内にはないよねw
それにしても、創業86年ってのはすごい。
実に普通のトンカツなんだけど、油のキレが良くてぜんぜんもたれないね。
(某パン粉が粗くてやたらもたれるチェーン系のお店とは大違いだw)
ここのロースカツ定食がたまに食いたくなって、馬車道に行く。
メニューの先頭は、ヒレカツの「勝烈定食」なんだけど、いつもロースカツ。
ブランド豚のトンカツもあるけど、いつも普通のばっかりだな。
カツも良いけど、ソースがまた良い。この店のトンカツソース、特にロースカツ用の辛口(唐辛子で辛いわけではないw)のが好きだね。
一時より、ちょっとショウガの味が弱くなったかな?
ベーシックなヒレカツ、ロースカツの定食が1470円で、ご飯とキャベツがお代わりできる、味噌汁はシジミ(これも以前よりちょっと薄味になったか?)というとても良心的なお店。
それと、食いモンはもちろんなんだけど、フロアの女性スタッフがとてもしっかりしていて、店のオペレーションが素晴らしい(これくらいで普通といえば普通なんだけれど、それができていないところばかりだからね)。
例えば、生ビールと一品注文したところで、電話がかかってきたんだけれど、電話が終わって席に戻ってくるまで、生ビール注ぐのを待っていてくれた、なんてのはありがたいよね。たいていは、即座に出されて、戻ったときには泡が消え、ってことになる。
キリンの生ビール(中ジョッキで500円)が美味い、ってのも久しぶりだったw
休みの日の夜なんか、家族連れがひきも切らず。いまどき、親子三代で8名様なんて客もいたりして、「休みの日にトンカツを家族みんなで食いに行く」なんてのは知らない世界だなぁ、、、と他人ごとながら嬉しくなるカウンターで一人で飲んでたくさん食ってるオジサンなのであったw
ま、蛇足ながら何が嬉しいのかというと、8人もの家族が一緒に外でトンカツを食える、という状況(金や健康や家族間の感情などもろもろ)と、こういう客を捉まえている店ってのは良いよね、ということだね。

※カツを一切れ転がして、断面が見えるようにしてみたw

 
2013-08-27(Tue)
 

5枚の海苔をどう使うか、が問われる弁天庵の卵焼き朝食

卵焼き朝食

いつも海苔が余るので持ち帰っていたヨーカドー系セルフ蕎麦(とはいえ、空いているときは運んできてくれる)の弁天庵の「卵焼き朝食」。
先日は、蕎麦を冷たいのにすると、意外にも海苔が余らないことを発見(これ)したのだが、そのときに書いたように、某ブログのアイデアを拝借して「海苔をもみ海苔にして温かい蕎麦を花巻蕎麦に」してみた。
海苔は5枚なのだが、この定食のベストバランスは花巻に2枚、飯用に3枚ではないか、と感じたね(笑)。
海苔は余るって思ってたんだから、全部入れても良さそうなモンだけど、せっかく封切りなので、飯を巻いてパリッとしたのを醤油で食いたい、ってのが勝ってしまった。
蕎麦にはワカメも入ってて、海苔5枚投入は、汁の量からも過剰な感じもした。
ま、微妙なんですが、、、(笑)。
ほんのり海苔の香りの花巻蕎麦は悪くなかったね。
飯も炊かなくなって、海苔もたまる一方ではあったし、、、。

 
2013-08-26(Mon)
 

素晴らしく良心的なおつまみチャーシュー

おつまみチャーシュー

ラーメン屋などでよくある「おつまみチャーシュー」(オツチャーなどと略すw)、中でもとても良心的なのがこれ。
元祖ニュータンタンメン本舗のおつまみチャーシューは、分厚く切ったチャーシューをフライパンで軽く温め、大量の白髪ネギの上に乗せてある。
ニュータンタンメンの白髪ネギトッピングが確か200円、チャーシューが300円だったと思うから、これで450円は素晴らしいC/Pなのであるな。
チャーシュー麺ってのは、ラーメンのバランスとしてチャーシューが過剰な感じで、逆に貧乏臭い感じが漂うのだけれど、おつまみチャーシューってのは、餃子みたいにラーメンより後に出てくるなんてこともなくサクッと出てくるし、単にビールのつまみになかなか良いものだよね。
チャーシューと白髪ネギでビールを飲みつつ、頃合を見て、ニュータンタンメンをオーダーする。
ひき肉がポイントのニュータンタンメンのトッピングとしては、チャーシューはいまひとつなんだけれど、1枚残して白髪ネギの半分くらいとともに、ニュータンタンメンの上に乗せる。
辛さはメニュー上で一番辛い「めちゃ辛」(オーダーの仕方でさらに辛くできそうだが、、、)。
おつまみチャーシューの白髪ネギを前提にすると、いつも乗せるニラ(+100円)はなくてもよろし(このときはニラあり)、だな。

ネギのせNTTM

 
2013-08-25(Sun)
 

横浜西口ジョイナス地下といえばリオの「半スパカレー」だなw

半スパカレー

例えば、伊豆方面に遊びに行ったとすると、ま、朝から晩まで魚が続くことが多い。
キンメだのアジだの干物だのなんだかんだと、さんざん魚を食う。
旅館の朝飯に出たアジやカマスなんかの干物の味が口に残っているような状態で東海道線で横浜まで戻ってくると、強烈に食いたくなるのが、カレー味とトマト味。
この欲求を両方満たすのが、横浜西口ジョイナスの地下1階にあるカレースタンド「リオ」の「半スパカレー」なのだなw
見た通りのカレーとナポリタンのハーフ&ハーフ。野菜サラダとコンソメスープが付く。
一応、ナポリタンは注文を受けてから炒めている。
ハムとマッシュルームとタマネギとピーマンというオーソドックスな内容だね。
ま、タバスコとパルメザンは不可欠なのがこの手のナポリタン。
カレーは、福神漬けやらっきょが合うような、ホントはチキンカツカレーとかにしたい、いわゆるカレーライスだね。
量はさほどではないとはいえ、炭水化物系、主食系の組み合わせで、あれも食いたいこれも食いたい、両方食いたい、というジャンクな心に応えるメニューだな。
ちょこっと付いてくる野菜も、なんとも往生際の悪い感じがして痛恨だw
あと、カレーに揚げ物の組み合わせの洋食風おかずのひと皿が組み合わされた「定食」もなかなか渋い。
伊豆に行ったわけではないのだけれど、所用で横浜西口に行って昼飯時だったので、つい食ってしまった。
ま、でも、この店も長いよねぇ、、、。

 
2013-08-24(Sat)
 

松屋の豚キムチ定食。日高屋のバク定と好勝負だなw

松屋の豚キムチ

松屋の夏の新メニュー「豚キムチ定食」。
キムチよりも豚肉の量が多くて、ちょっとびっくりした。
相当、腹もちが良い(ま、なかなかにヘビーだ、ってことでw)。
日高屋の「バクダン定食」(スタッフはバク定と呼ぶ)よりちょっと安いね。
ま、豚キムチの内容はいい勝負だけど、定食には野菜が付いてくるのは松屋ならではか。
松屋は、Suicaで食えるってのもあって、昼飯の店がまだ開いてない、なんてときにたまに入るのだが、毎回、新しいメニューがあって、毎回、ま、こんなもんか、って思うよね。
牛めし系の新メニューでは、山形だしとろろ牛めし(山形の「だし」がとろろと一緒に乗っている)ってのが気になるけど、ま、すき家なんかもそうなんだけれど、多くの場合、トッピングすることによって、塩分が増えるのが問題だね。
牛めしとから揚げ丼のハーフ&ハーフなんてのもあったな(世の中、から揚げが好きだよねぇ、、、w)。
あと、和風ドレッシングが、タマネギのすりおろしなどが入ったドレッシングに変わったね。
このドレッシングも、ま、こんなもんか、だったなw
サラダには、意外とカルビソース(バーベキューソースとの違いが良く分からんが)が良いんだけどね。
ま、オレがジャンクだってことなんだが、、、。
というわけで、最新の松屋情報でした(苦笑)。

 
2013-08-23(Fri)
 

量が多くて嬉しい中華の二品定食

中華二品定食

横浜の馬車道にある中華料理屋の定食。
いくつかのメインのおかずから2種類選ぶんだけれど、量が少なめかと思ったら、各々こんなにあってなかなか嬉しい。
おかず二品、ご飯、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐。
もちろん、おかず一品で構成する普通の定食もある。
麻婆豆腐と青椒肉絲にしたけれど、酢豚とか八宝菜とかいろいろ選べるのが良い。
四川の店ではないので、麻婆豆腐は辛味控えめ。
この店は炒めモノがとても美味い。この二品も例外ではなかった。
前菜、肉、魚介、野菜、飯、麺、といった構成のスタンダードな中華料理メニューの他に常時数種類の定食(季節で変わるようだ)が用意されているのが、一人客にとってはありがたいね。
一品料理相当くらいの金額で定食が食えるわけで、これもありがたい。
日曜の夜とかに行くと、馬車道自体が閑散としており、お店も空いていて、快適に飯が食える。

で、麻婆豆腐なんだけれど、世の中、たいてい豆腐が絹ごしで、箸でつまめないようなのが多いよね。
堅めの木綿豆腐で作ってるところが少ないのは、ちょっと残念な気がする。
豆腐そのものとしても木綿が好きなんだけれど、麻婆豆腐を飯に乗せて崩れちゃうから蓮華で食うってのは、スプーンで牛丼食ってる(ホントにいるから怖いw)のに通じる感じでなんだか調子悪いよな、とか思うのであるな。

 
2013-08-22(Thu)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。