スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

十分辛い「蒸し鶏の四川風」

蒸し鶏の四川風

一つ前の四川麻婆豆腐の前に食ったのがこれ、四川風蒸し鶏。
蒸し鶏といえば、ゴマだれのバンバンジーとか、ネギソースが普通だけれど、そこは四川のお店。
山椒の効いた四川風ソースがかかり、軽く砕いたピーナッツと香菜が乗っている。
ラー油は、上からかけずに盛りつけた後に回りにかけ回してある。
四川風ソースがけっこう辛くて山椒がビリビリ来る。
これでビールを飲んでいるだけで、額にじわっと汗が来た。
塩気は薄味でなかなか美味い。
冷たい前菜(すぐに出てくるので素晴らしいw)なんだが、温かくても良いと思った。



スポンサーサイト
2013-04-30(Tue)
 

四川麻婆豆腐@馬車道

四川麻婆豆腐

仕事が片付いて、仕事場から駅に向かい、先に来た方の電車に乗る。
渋谷方面ならこうしよう、横浜方面ならこうだな、と飲むものや食うものを想定しつつ待っていたら、元町中華街行きが来た。
連休中日の日曜、もう21時なんでガラガラだ。
馬車道で降りて、まずはベアードビール(沼津の地ビール。馬車道は地ビールバーが充実している)の「タップルーム」で駿河ベイ・インペリアル。
ここでしっかり食うのも手なんだが、休日は昼からやってるビアバーのフードは、22時近くにもなればちょっと品切れ気味(こういった場合、「終わっちゃう」理由はよく分かるw)ってこともあって、チリコンカンなどで軽く飲んでから飯が食える店を探す。
日曜の22時半ともなれば、バーやラーメン屋(味の時計台とかあったよ:苦笑)以外にはなかなか開いている店は少ないんだけれど、見つけたのが「本場四川」の看板。
メニューには「四川麻婆豆腐」と「麻婆豆腐」があって、四川のほうが高い。
違いを聞いたら「肉とスパイスが違う」ということなので、「花山椒の有無に違いない」と勝手に判断して四川、辛さは激辛を指定。
ビシッと辛いし、山椒も効いているし、片栗粉でどろどろしてないのが良いね。
「辛さは大丈夫か?」とインド料理屋のように後で確認されたが、まったく問題なし。
ビール1杯と小さい白飯とで、良い晩飯だった。
一日、ロクなものを食っていなかったのだが、辛いものを食って胃がすっきりしたw
それにしても、こういうときに中国人が家族でやっている(らしい)店は、ありがたい。
店ってのは、まずやっていることが大事。
故郷は地震で大変なのか、などと思いつつ、だね。

2013-04-29(Mon)
 

久しぶりに焼肉。これはハツとネギ

ハツとネギ

焼肉屋は久しぶり。
写真上は、ハツ(牛の心臓)とネギ。
ハツは、他の肉よりもちょっと辛めのタレが絡んでいる。
ネギは、斜めに切っていないのがポイント。
斜め切りだと、端の薄い部分がチリチリになっちまうし、真ん中も直火になってしまってふっくら焼けない。
こういう切り方だと、外に焦げ目が付いた頃には、外側の皮に包まれた中身が蒸し焼きのようになっていて、ネギの旨みがよく分かる。
網が真っ平らではなくてちょっと傾斜があるので、回りに肉を配置して転げ落ちないようにするのがポイント(笑)。
綱島東の大揚苑。某焼肉チェーン(一見安いが、大して美味くないし、量が少なくすぐに5千円超えてしまう)並みの価格でとても美味い。
カルビ、骨付きカルビ、タン、ロース、レバーなど、どれも美味い。
カルビスープ大辛とご飯で締める。
あと、自家製のキムチ、特にオイキムチが美味い。
以前は、赤身のユッケもあったのだが、最近は出さなくなってしまって残念。
梨の千切りが入っていて美味かったんだけどね。
ユッケがあった頃は、換気がいまひとつで煙もうもうだったんだけれど、改装してそういうこともなくなった。
仕事場の近くにこういう店があって大変にありがたい。
下の写真は、骨付きカルビ。

骨付きかルビ
2013-04-28(Sun)
 

雨の日の昼飯は洗車がてらクルマでデニーズに行ってステーキ170gを食う

デニーズのステーキ170g

何曜日だったか忘れたけれど、結構な雨だったので、自宅兼仕事場にこもって仕事。
食うものが何もないので、洗車を兼ねてクルマでデニーズへ。
洗車は、雨に当ててホコリを流すだけ。基本、定期点検で工場で洗ってくれる以外の洗車はしない。
日替わりとかのランチメニューもあるんだけれど、肉が食いたいと思ってステーキに。
デニーズのステーキは、US産穀物牛のサーロインとNZ産牧草牛の一口ステーキがあって、けっこう肉の味わいが違う(赤身部分の味はNZ産が濃い)のだが、このときはUS産を。
前から思っているのだが、2枚重ねたサイズ(ま、300gか)を用意してくれると最高だね。
ステーキってのは厚みが大事ではあるんだけれど、そのうち「ステーキ2枚オーダー。一皿に重ねて持ってきてね」をやってみよう、ですね(笑)。
以前、レジに伝票を持って行ったら、会計のお姉さんの顔に「一人でこんなに食ったんですか!?」って表示されて慌ててテーブル番号とか確認していたけれど、「こいつ2枚も食ったのか!?」って顔に表示されるんだろうな。


2013-04-27(Sat)
 

7-11の弁当にはホントに参ってしまいますねw

7-11の弁当に脱帽

これ、7-11の「こだわり米の幕の内御膳」(御膳かよw)。
600円で524kcal。
帯に書いてあった「お品書き」は以下。

・ごはん
・煮物(椎茸、蒟蒻、筍、桜人参、ふき)
・さわらの柚庵焼き
・鶏肉の炙り焼き(柚子胡椒)
・豚肉野菜巻き
・牛肉牛蒡炒め煮
・あさり生姜煮
・小松菜人参和え
・厚焼き玉子
・大学芋

もう脱帽です。
品数もそうだし、どれも薄味で脂っぽくなくて、温めなくて美味しい。
温めなくて美味しいってのは、弁当の大事な条件です。
崎陽軒のシウマイ弁当もそう。
そもそも、コンビニの弁当をそのままレンジにかけると、温まらなくて良いものまで温まってしまってよろしくない。
ま、さすがに524kcalだとちょっと足りないので、別途、具沢山の汁物と果物など、って感じではありますが。


2013-04-26(Fri)
 

少量多品種なのが嬉しい駅前の寿司屋の刺身定食

駅前の寿司屋の刺身定食

駅前の寿司屋のランチの刺身定食は、見ての通りの少量多品種でいろいろと食べられてとてもありがたい。
このときも、マグロ中心に、エビ、イカ、カンパチ、鮭、アジ、コハダ、タラコ、ホタルイカ、卵焼き、カマボコなど。
ツマは大根とミョウガを混ぜてある。穂シソも嬉しいモンだよね。
ご飯は、昼なので炊きたてでみずみずしい。
お新香とシジミの味噌汁で900円。

ま、でも、刺身でご飯食うのは、ホントに美味いよねぇ、、、。
酒よりご飯ではないか、とさえ思うね(ま、明るいうちはw)。

線路の反対側にある良く行く定食屋の刺身定食がマグロオンリーなのとは対象的。
ま、どっちも、それなりのポリシーを感じて捨てがたいけど、寿司屋ならではの構成ではあるよね(笑)。


2013-04-25(Thu)
 

アスパラの食い方で一番は天ぷらだと思う件

アスパラの天ぷら

アスパラの時期になってきましたねぇ。
あと1ヶ月くらいで、北海道の羊蹄山の麓、喜茂別町(きもべつちょう)や真狩村(まっかりむら)あたりのグリーンアスパラが出回りますが、これは香りが良くてとても美味い。
箱に一杯もらったことがあって、どうやって食うかずいぶん試しました。

茹でるのはもちろん、焼く、蒸す、バターで炒める、ベーコンと炒める、カレー炒め、中華風炒め、パスタの具、ベーコンを巻いて焼く、スープ煮、クリーム煮、アスパラご飯(刻んで飯と一緒に炊いてみたw)などなど試しましたが、一番、アスパラの味が閉じ込められてジューシーで美味いのが「天ぷら」でした。
エビなんかもそうですが、天ぷらで食いたい食材、ってのがありますね。

写真は、渋谷の蕎麦屋「福田屋」の季節メニュー。
蕎麦屋だけに、しょうがと大根おろしが薬味の天つゆでしたが、アスパラの天ぷらは、塩、カレー粉なども合いますね。
飯のおかずというよりは、ビールのつまみではありますが、、、。


2013-04-24(Wed)
 

ワンタンネギソースかけ

ワンタンのネギソースかけ

近所の中国人夫婦がやっている店の小皿全品500円の一つ「ワンタンネギソースかけ」。
小皿は他にもいろいろあって、一人客にはありがたい。
茹でたワンタンに蒸し鶏にも使うようなネギソースがかかっているだけだが、シンプルで美味い。
醤油も酢も使わずに丁度良い。
これにビール1本、紹興酒1合くらいで、焼きビーフンでも食えば、なかなか満足な晩飯だね。

こういう店は、一人客だからといって問答無用にカウンターに座れとか言わないのが良い。
外国人の店はたいていそうだ。
荷物があっても、コート着てても、カウンターの1つだけ空いた席に座れなどと、日本人の店はこういう事を平気で言うところが多い。
そもそも狭くて、餃子の皿と醤油の小皿、ビール、チャーハン、スープとか置けないではないか。
満員ならまだしも、マニュアル接客にも程がある。
なので、食わずにそのまま出ることにしている。
疑問もなく狭いところに座って、荷物は床、コートも帽子もそのままで、そんな客あしらいの店のたいしたことないものを食って、喜んで金払っているのも日本人だけだよ。
一人客はカウンターなのではなくて、カウンターに座りたい客はカウンター、だよ。

ということで、調子の悪い日本人の店からは、どんどん足が遠のくのであります。

2013-04-23(Tue)
 

人気の3点を盛り合わせた「人気定食」

人気定食@とりかつ

渋谷の百軒店にある揚げ物屋の老舗「とりかつ」。
とり、ハム、たまねぎ、あじ、いか、なす、コロッケ、とんかつなどなどの揚げ物2種類組み合わせてどれでも650円(ごはん、味噌汁、漬物つき。3種盛りは800円だったかな)なんだけれど、「人気の3点を盛り合わせました」ってのがこの「人気定食」(650円)。
内容は、とり、コロッケ、ハム。見ての通りの内容だが美味いよw
「人気」のオーダー率は高く、さすが人気と言うだけのことはある。
人気が人気を呼んでいる。
店自体も人気で、昼どきは外さないと満員だ。
ま、650円は、いまどきありがたいよね。
1990年くらいからこの辺で飲むようになったんだけれど、揚げ物の定食屋ってことで、なかなか入る機会がなく、道玄坂に事務所を確保した最近、行くようになった。
会計の段になって、「お客さん、人気でしたよね?」なんてオバちゃんに確認されると、「い、いや、それほどでもないです」などと言ってしまいそうになるのを我慢したりして退屈しない。

2013-04-22(Mon)
 

メイタガレイの姿造り、残った骨は素揚げに

メイタガレイの刺身

活けのメイタガレイ(目板鰈)の姿造り。
さっぱりとした白身、美味いですねぇ、、、。
活けの魚は、冷蔵庫に入ってないので、刺身が冷た過ぎなくて良いですね。
写真の刺身を食ったら、残った身を丸ごと素揚げにしてもらいました(写真撮り忘れw)。

ま、いつも言ってますが、ヒラメより美味いのがカレイ。
基本、ヒラメはほとんど養殖(腹が真っ白でない)だけれど、カレイはたいてい天然です。
カレイも稚魚放流はしているらしいですけれど。
本当に美味いヒラメには、(お金出せば別でしょうが)まずお目にかかりませんが、カレイは手頃な価格で美味いのが食えますね。

メイタガレイは、目の回りが堅いので目板と言うらしいですね。
日本海や関西ではメイタガレイ、関東ではマコガレイがポピュラーですね。
北海道だとマガレイですかね?(北海道のカレイはこちらw)
カレイってのは、種類が多いのですが、刺身があったら迷わず、ですね。
煮付け、唐揚げも美味いですが、やはり新鮮なものは刺身で食いたい。
それにしても、カサゴなんかと違って、頭が小さく、内臓もちょっとで、食べるところばかりのありがたい魚ですねぇ、、、。

2013-04-21(Sun)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。