「庄や」で飲んだ後に最後に食っちまうのがこれ

「庄や」のイクラ手巻き

「庄や」は、悪くない。
オジサン向けなので、けっこう好きでさえある(笑)。
とび切りに良くもないが、変なことにはけっしてならない。
チェーン系居酒屋では、一番ではなかろうか?
価格も内容も、想定内の安心感があるし、ちょっと前にも書いたけれど、鍋が1人前からであるなど、独り飲みでも問題ないのが良い。
飲んだ後に、「とんこつラーメンハーフサイズ」なんて悪魔のようなメニューもあるんだけれど、このイクラ手巻きあたりが丁度良い。
200円だったかな? イクラもとび切り良くはないが悪くない。
寿司屋でも、もっと酷いのを出しているところが多々ある。
他にも、ツナ(笑)とか、梅シソとか、何種類かあるんだけれど、ま、イクラだね。

スポンサーサイト
2013-02-28(Thu)
 

横浜・崎陽軒のシウマイ弁当

横浜・崎陽軒のシウマイ弁当

車内での朝飯は、崎陽軒のシウマイ弁当とお茶。
いまどき、経木の弁当箱を使ってて箱の内側に結露したりせず、おかずの内容も含めて、冷めた状態で美味いのが前提。
シウマイの個数とか1個多くても少なくても、という感じさえある絶妙なバランスのご飯とおかずの量と内容。
たっぷりの竹の子の煮物、鳥の唐揚げとマグロの照り焼きが1切れずつ。かまぼこと卵焼き、昆布の佃煮と紅ショウガ、最後に杏の甘酸っぱさで締める。
小さいパックのからしをシウマイにちょんちょんと付けてから、醤油をたらしていくときの愉しさは格別(笑)。
これも、ずいぶん変わらないクオリティだと思う。
750円ってことは、しばらく食わない間に20円上がったか?



2013-02-28(Thu)
 

毎度ありがたい日替わり四品定食

四品定食@乃んき

東横線・綱島駅前の定食「乃んき」の毎度ありがたい日替わり四品定食。
このときは、軽く「乃んき弁当」(ご飯の量が少ないし、なんとなく軽いw)にしようか、と思っていたのだが、ホワイトボードを見てやっぱりこっちに。
左上から時計回りに、
・刻み海苔のかかったまぐろぶつ
・サバ塩焼き
・これがメインの定食もある和風チキン(ササミチキンカツのみぞれ和え)
・大根の味噌汁
・ソーセージと卵の炒めもの(胡椒が効いていてビールにぴったりだ)
・浅漬け
・ご飯
という内容。
ビールが欲しくなるラインアップだったが、既にけっこうカラ酒を飲んでいたので、やめておいた。


2013-02-27(Wed)
 

宅配ピザなんてものを久しぶりに食った

宅配ピザ

赤ワインがあったのと、晩飯の時間帯を過ぎてしまったので、宅配ピザなんてものを久しぶりに食った。
「ご注文から22分でお届けしました!」と配達員が時計を確認して一言(笑)。
薄い生地で、ソーセージやサラミが乗ったのと、トマトとガーリックとバジルソースのハーフ&ハーフ。
サイズはこれでも小さい方だけれど、冷めないうちに、と思いつつあっという間に食い終わってしまった。
ま、周縁部の厚いところは食わんのだけれど、ちょうど良い感じだね(笑)。
ドミノだけど、変なトッピング(ナントカマヨとかw)ではないので、けっこうさっぱりしていて、悪くない。

高校生の頃、シェーキーズの食べ放題で覚えたのがビザとタバスコ。
ピザは、扇型のを40枚近く食った記憶がある(汗がピザ臭い感じにw)。
ま、高校生なのでビールは飲まんから、入るんだな。
それ以降、ピザソースの研究を重ねて(笑)、独特の風味はオレガノであることを突き止め、自宅で美味いピザトースト(耳パンが好適)を作れるようになって嬉しかったね。
最初は辛くて食えなかったタバスコもすぐに中毒気味になってしまった。
喫茶店のナポリタンとか、単にタバスコ味にして食っていた。

あと、ベネチアで夜中に食った、パリパリの薄い生地にアサリとトマトだけというチーズを使わないピザも忘れられないね。


2013-02-26(Tue)
 

どっちも700円前後の一人前の鶏鍋を二つ 

ま、変な店に行くと、鍋は二人前からなんて縛りがある。
たいしたもんでもないのに量だけはお上品なとこだと、一人でもOKな量だったりするんだけれども、さすがにそればっかりになっちまうし、それとビールだけで3000円くらい行っちまう。
というわけで、なかなか一人で鍋ものは食えないんだけれど、例外的なありがたいお店がある。
下記、二つとも700円前後ってのも、大変にありがたい。

一つは「庄や」。
ここは、鍋ものはすべて一人前から。
小型の卓上コンロで出してくれる(早めに注文しておかないとなかなか煮えないw)。
締めの雑炊やうどんだのも、別料金で用意されている。
このときは塩味のスープの鶏鍋の後に、うどんを入れて、さらにレンコンの天ぷらを乗せてなかなか満足であった。

庄やの鶏鍋

もう一つは東横線・自由が丘の「金田」。
これは「鶏鍋」というメニューで、小さい土鍋にぐつぐつ煮えたぎって出される1人前。
味といい、全体の量といい、各食材のバランスといい、飲兵衛の気持ちを知り尽くしたような一品だねぇ、、、。

金田の鶏鍋

一人鍋は、食べるタイミングやペース、誰が何をどんだけ食った、などなど気を遣わなくて良いので最高にリラックスできますね。
池波正太郎は、自宅での夕食も一人で小鍋仕立てだったようですが、その気持ちも分かる気がします。
サラリーマン時代に立派な大学を出た若いのと飲みに行ったら、
・軍鶏鍋をグンドリナベと読んだ
・竹を半分に割った器と竹ベラで出された鶏つくねをそのまま竹ごと鍋に放り込んだ
なんて惨状だっただけに、大人数の鍋はいろいろメンドクサイ(笑)。

2013-02-25(Mon)
 

出張先で素晴らしい昼飯

素晴らしい定食

出張先で昼飯。
朝からろくなものを食ってなかったので、このままでは午後の目的の仕事に差し支える、と店を探す。
見知らぬ街でも、歩いているとなんとなく感じる店がある。
このときは、とりあえず目的地方向へ向かって歩いているときに、そんな店があった。
で、結果は、「オレ、正解、、、今日はツイてるなぁ、、、」であった(笑)。
刺身は、カツオとカンパチとアジ。特にアジ(写真からはみ出ているが)は身が締まっていて美味かった。
揚げ物は、野菜と舞茸、小イワシなどの小魚。
焚き合わせは、野菜と鶏つくね。
ご飯の上にちょっと乗った鯛のそぼろ、みそ汁に漬け物と和え物の小鉢。
刺身や揚げ物の小魚に、地元ならでは、が感じられる素晴らしい定食であった。
まったく、1杯飲みたくなってしまうような内容だけれど、これでなんと、800円! 大変にありがたい。
松山の市役所近くにある「風柳」。
こういうお店は夜に行きたいのだけれど、出張は日帰りであった(笑)。
下の写真は、刺身の全貌。

刺身の全貌

2013-02-24(Sun)
 

ワンタン(ラーメンの入ってないヤツね)は大変に好ましいので三連発でw

「ワンタン」ってのは好きですねぇ、、、。
特に最近は、餃子より好きだな。
ワンタンは、汁っけと肉っけを両方満足させ、満足感がありながら腹に優しい、というかなり巧みなところを突いていると思う。
ワンタンがあるような店のスープは、濃厚とんこつなどということはなくて、あっさり中華スープ系であることも、ワンタンが好ましい大きな要因。
胡椒を振ったり、ラー油をちょっと垂らしたりすると、変化があってまた美味い。
そもそも構造的に、ラーメンと餃子を頼んだらラーメン食い終わる頃になってもまだ餃子が出てこない(逆に餃子が早すぎると相当インチキ臭いw)、なんてことがないのもワンタンやワンタンメンの良いところ。

ワンタンは、麺より飯が食いたいときの定食の味噌汁代わりでもあり、中華屋でわざわざ単品のスープを頼みたくないときの素晴らしい逃げ道であり、蕎麦屋で言うところの「ぬき」(天ぬき、鴨ぬきなど、種物から蕎麦を抜いて、天ぷらの浮いたそばつゆなどにして酒を飲む)の風情でもあるのだな。
ワンタン麺だとワンタン6個とかだけどワンタンだと10個くらい入ってるなんてこともあったりとか、飲んだ後にラーメンはイカンがワンタンならとか、ま、いろいろですねぇ、、、。
以下、ワンタン三連発で値段の安い順に(笑)。

まずは、新丸子・三ちゃん食堂のワンタン。
この場合は、何かおかずになるものを1品頼んで、ご飯(丼飯だよw)と合わせるのが良い。
こないだは、一つ前のエントリに上げたネギ肉炒めとご飯でなかなか満足な晩飯だった。
新丸子・三ちゃん食堂のワンタン

次は、渋谷・喜楽のワンタン。
醤油ラーメンと同じ焦がしネギが効いたスープは、わずかにラーメンより薄味か。
チャーハンとワンタンでかなり幸せな昼飯。
渋谷・喜楽のワンタン

最後は、横浜中華街・清風楼の上ワンタン。
こちらは、上品な塩味で、飲んだ後にじわっと美味い。
上わんたん@横浜中華街清風楼

ワンタンってのは、子供の頃に、近所のラーメン屋でワンタンメンを頼んだつもりがワンタンが出てきてしまって、「メンを付けないとこれだけなのか!?」と悟ってご飯といっしょに食ったのが最初。
ま、店の人も、麺は入らんけど、って子供相手に確認しろよ、と今になれば思ったりもするどね(笑)。
もう一つ、ワンタンではないけれど、子供の頃の外食ではっきり覚えているのは、天丼を注文したら天とじ丼が出てきて、いまだにべろべろした卵とじ系の丼モノなど普段はまず食わない身としては、大変に困ったという話。
「天丼って、外で食うと卵でとじてあるものなのか!? これじゃ、せっかくの衣が台無しではないか!?」と世の中が信じられなくなった気がしたものだった。
その後、天丼=天とじ丼 というおかしな店なんか見たことないから、その店の流儀が変だったんだと思うけどね。
ま、45年とか経っても、変なことだけはっきり覚えているもんだよね(笑)。と、子供は、いろいろ痛い目に遭いつつ、育っていくのだな。

あー、でも、ワンタンに生卵落としてる人って、実はけっこう居そうだなぁ、、、。
「君、まさか、黄身を破ってそのスープに溶くんじゃあるまいね?」(by 池波正太郎) だな(笑)。


2013-02-23(Sat)
 

五郎さんも食べた三ちゃん食堂の「ネギ肉炒め」

三ちゃん食堂のネギ肉炒め

東横線・新丸子といえば、三ちゃん食堂。
孤独のグルメ シーズン2の第一回を飾ったのがこのお店。
肉ピーマン炒めとネギ肉炒めはいつも迷うね(笑)。
劇中で五郎さんが選んだのは、ネギ肉炒めだった。
ま、こっちは酒も飲むので、あんなに食わないんだけど、それでも、
・ウイスキーの水割り2杯(水割りと言うと焼酎なのでウイスキーと念押し)
・アジフライ
・ワンタン
・ネギ肉炒め
・ライス
ということで、なかなか幸せな晩飯だった。


2013-02-23(Sat)
 

渋谷のsbarroでピザとコーヒー

sbarroでピザとコーヒー

渋谷のビックカメラ東口の横の2階にある「sbarro」。
ピザとパスタがメインで、最近はサラダ系も充実した。
パスタも駅そばくらいの感じで出てきて待たせない。
どうも、シカゴスタイルというかなんというか、あの生地が厚いのはさすがに勘弁なので、ニューヨークスタイルのベーシックなピザにする。
既にできているのを温めて出してくれるんだけど、ま、悪くないしなにより安い。
夕方ならビザにビールなんだけれど、このときは午前中なのでコーヒー。
コーヒーが単体で200円くらいなんだけれど、これがクリアな味でなかなか良い。コーヒーチェーン系の店も含めて、一番のC/P(ま、味の好みではあるんだけど)ではないかと思う。
ま、昼時に行かないってこともあるんだろうけれど、いつもゆったりと座れて、しかもコーヒーが安い。
ビールも安い。
仕事するにも、打ち合わせするにも、渋谷のあの辺では貴重な空間だ。

2013-02-22(Fri)
 

大阪の老舗カレー、インデアン

インデアンカレー@丸の内

丸の内のTOKIAの地下は、12時台はどこも長蛇の列。特に、濃厚タンメンの有名店なんて、いつ食えるかも分からないくらい並んでいる。
そんな中で、目指すは「インデアンカレー」。
ここは、とにかく回転が早いので、多少並んでいてもすぐに食えるのが良い。
店のオペレーションも良いし、なんといってもカレーなので、すぐに食い終わる。
山盛りの野菜をかき分けつつ麺を啜って「アチチ」なんてことはない(並んでる人の半分が猫舌だったら、とか考えるとくらくらする:笑)。
Suicaで支払えるのも良い。

インデアンは、1947年創業という大阪のカレー屋。
全9店舗だが関西以外では、丸の内にしかないようだ。
カレーは、独特の甘さの中に辛味が分散していて、けっこう辛いけど食べやすいという個性的なもの。
一度食ったら忘れられない味だ。
量の指定はできても、辛さの指定などは受けていない。
大阪に出張したときに、地元の人に教えてもらって以来、たまに丸の内に行くとかなりの高確率で食っちまう。
奇しくも昨日、今日と東西の老舗の個性的なカレー屋が並んだ(笑)。

以前、1年くらい大手町に居た頃も思ったけれど、オフィス街の人は飯が大変だよね。
並んでいるうちに昼休みが終わるし、炭水化物攻め、揚げ物攻め、あるいはその両方みたいな、なかなかにジャンクなものが多い。
競争上の問題で、つい量と炭水化物でのアピールに走るんだろうけれど、大手町のランチは若い人向けだなぁ、、、と痛感していた(オレが思うんだから相当なジャンクさだよw)。
ま、いずれにしても、ビルしかないオフィス街の飯ってのは、そこにずっと通ってるとあまり良いものではないんだけど、インデアンはいんでないかね(笑)。


2013-02-21(Thu)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR