四品定食で午後も仕事だよ

乃んきで四品定食

今日は昼から四品定食@綱島・乃んき。
ホントは、ビール1本飲んで、ってのがちょうど良いくらいの内容で、いつも仕事が片付いてるときの夕食にそうするんだけれど、今日は遅めの昼飯だな。
ビールを飲むと、クルマで移動するという選択肢がなくなってしまうので、ちょっと飲みたい陽気なんだけれど我慢だな。

マグロブツ、鮭、さつま揚げの煮物、豚とタマネギの卵とじ、お新香、大根と揚げの味噌汁、ごはん。
揚げ物が入ってないのがポイントだね(笑)。

駅前は、ラーメンやだらけ、しかも、濃厚系のラーメンばかりでねぇ、、、。
ハラルレストランのカレー屋もなかなか美味いんだけど、昨夜は自分で作ったカレー(美味いよ:笑)だったのだな。

スポンサーサイト
2012-04-30(Mon)
 

高いとなると、なんとかして食べたいのが鰻

倶梨伽羅焼き

渋い居酒屋には、かなりの確率で「くりから焼き」がありますね。
逆にチェーン系の居酒屋にはまずない。
小さい鰻の身を串に刺しつつ巻きつけたものをタレ焼きにしたものですね。
蒲焼とは別物ですが、焼き鳥屋とか居酒屋などで、ちょっと贅沢な肴といった感じで鰻を出すときのひとつの典型ですね。
鰻屋は、鰻を食いに行くわけですが、鰻ばっかりになってしまいます。
鰻もちょっと食べたいって場合には、くりから焼きはなかなか巧みな一品と思います。
鰻高騰に伴って値上げされてはいますが、それでも価格は知れています。
あとは、「うざく」(鰻ときゅうりの酢の物)と「うまき」(鰻の入った卵焼き)ですかねぇ、、、。

写真は、鶯谷の鍵屋のくりから焼きです。山椒をたっぷり振りかけて、酒が進みます。
鰻専門の自由が丘のほさかやでは、なぜか「からくり焼き」と言ってますが、元々は倶梨伽羅(剣に蛇が巻きついている様子)が語源だそうですね。

2012-04-30(Mon)
 

うなぎ、値上がりして小さくなってるよ

うなぎ串

うなぎの値上がりたるや、ひどいモンですねぇ、、、。
渋谷の駅前の鰻屋は、2800円が4200円になったのが去年のことで、いまはどうなっているか怖くて確かめにいけません(笑)。
写真の串は、自由が丘のほさかやですが、ここもメニューの値段のところに紙を貼って上書きしてあるものがいくつか。ヒレ串(ヒレってのは美味いですねぇ、、、)とかカブト串とかは、変わってないんですが、写真の塩串と蒲焼は上がってますね。
塩串は、幅も若干狭くなっていますね。
ま、責めているわけではなくて、こうなってますよ、という状況の説明なので、ご了解ください。

それにしても、まともなうな重を食べようと思ったら、5000円では足りないことになっちまったわけですね。
今年の夏は、吉野家のうな丼はあるのでしょうか? 少なくとも550円ってことはないような気がしますが、吉野家で1000円札が消えていく、ってのも乗れないですねぇ、、、(笑)

僕は、空腹のときに夢に出てくるのは、寿司の次にうなぎなんですよ。困ったなぁ、、、。

2012-04-29(Sun)
 

松屋のトマトカレー、再び

トマトカレー

松屋のトマトカレーが再登場。
「フレッシュトマトカレー 人気メニューがさらに美味しくなって復活!」だそうだ。
いや、確かに去年より、トマト感が濃厚になって、塩気がきつくなくなっている。
不覚にも「美味い」と思ってしまった。
330円だし、やるなぁ、松屋。
デフォルトでついてくる味噌汁は断る。
一番先に言わないと、味噌汁持って近づいてくるオバチャンとかいるから要注意。


2012-04-28(Sat)
 

「たたみいわし」と昔の記憶

たたみいわし

たたみいわし、ってのは渋い肴だ。
これで燗酒を飲んでいたら、いつまでも飲んでいられる感じだね。

僕は飲み屋の息子なので、小さい頃からたたみいわし好きだったんだけれど、その頃は、当然だが酒は飲めない。
本当の美味さは分かっていなかったと思うけどね。
海苔と一緒にパンに挟んでマヨネーズを塗ったりして食ってたな(嫌なガキだね:笑)。

伊丹十三の「ヨーロッパ退屈日記」のなかに、三船敏郎とロンドンのホテルの床に座り込んで、タタミイワシでジョニ黒を飲む、火がないのでティッシュを灰皿の上で燃やして炙って食う、なんてのがあったな。

小さいうちに獲って食っちまうのは魚資源(おお、肴至言、って出てきた:笑)を考えるとよろしくない、ということで開高健が「ノーシラス運動」とか言っていた、ってのもあるな。

それもそうなんだけど、こんなふうに頭から骨から内臓から、全部食べるってのは、産地を確認するとか、ちょっと考えないといけなくなってしまったよね。

まさしくノーシラス(米海軍の原子力潜水艦にノーチラスってのがある。海底2万マイルとかもそうなんだけど)だな。こんなことが駄洒落のネタになる世の中になっちまうとは、開高健も思っていなかったろうね(笑)

2012-04-28(Sat)
 

上品な酢豚@町田・翠園

酢豚

町田に1年半くらい前にできた中華の翠園の「特製 酢豚」。
野菜も入った普通の酢豚もあるんだけれど、こっちは肉だけ。
おそらくだけど、角煮のような感じで柔らかくなるまで豚を煮込んで、それを注文が入ってからさっと揚げて回りをパリッとさせ、黒酢などのソースを絡めてあるんだと思う。
技を感じさせる美味しい酢豚ですね。

以前は座間にあったお店らしい。
カルロス・ゴーン氏のおかげで町田で食べられるようになった、ってことなのかな。

2012-04-27(Fri)
 

こういうものを食って(アップして)ないと落ち着かないもんだねw

コロッケとカレー

駅ソバでカレー+コロッケ単品。
福神漬けは飯の山に隠れている。
飯を楕円の型に入れて盛り付ける(計量なんだろうけど)のがなんともいい感じ。
コロッケにかかるカレーの加減が絶妙なんだけど、店に1本で良いのでソースがあると嬉しいね。
当然、辛くないので唐辛子をかけまくる。こういうときは一味のほうが良いけれど、うるさいことは言わない(ってか十分うるさいか:笑)。

これは、JR系のあじさい茶屋なんだけれど、駅ソバのカレーって意外に悪くないよね。
もちろん、牛丼チェーンなんかに比べての話なんだけど(笑)。
ま、でも、某カレーチェーンのカレーよりも、好ましいな(ま、ココイチだけど)。
和風のカレー丼しかないところもあったりするけどね。

2012-04-26(Thu)
 

エビとグリーンピースの炒め物@五反田・亜細亜

エビ炒め

これも、亜細亜の一品。量もたっぷり(ま、それなりの値段だけど、3-4人でちょうど良いので高くはない)、薄味で美味い。
エビは、エビチリも悪くないんだけれど、こういう野菜系との塩炒めが美味いよね。




2012-04-26(Thu)
 

前菜盛り合わせ@五反田・亜細亜

前菜三種

蒸し鶏とクラゲとピータン。
もちろんどれも旨いのだが、特にピータンはこれぞ「黄身が半熟状で匂いの弱い溏心皮蛋」(wikipedia)という感じであった。
料理もさることながら、皿がまた良いね。
五反田駅前の亜細亜。渋い中華料理屋だねぇ、、、。


2012-04-25(Wed)
 

チキンとラタトゥイユ風ソース

マテ茶チキン

デニーズの新作メニュー「緑黄色野菜とマテ茶鶏の野菜ソース」。
マテ茶を食わせて育てた鶏なんだそうですが、ま、鶏としては普通に美味い、くらいです。
メニューの能書きはリンク先で読んでもらうとして、ラタトゥイユが薄味だし、温野菜の量がとても多くて、これはなかなか良いメニューだと思います。
ニンニク醤油ソースってのもありますが、こっちはフライドポテトなどが付け合せで、ちょっとジャンクかな?

これに洋風セットとコーヒーお代わり自由で1250円くらいですか。
酒飲まなきゃ、家で食うより安いくらいですねぇ、、、。
ま、牛丼屋ってさならる手段もあるわけですが(笑)。

クルマで移動すると、こういう飯が多くなりますね。
道路沿いに牛丼屋もあるし、電車賃よりガソリン代のほうが安い。
平日の夜中は、道路は空いている。
東京・横浜であっても、空いてさえいれば、クルマが一番早いんですよね。
渋滞はオレもそれに加担しているけれど、電車の人身事故とかお客様同士のトラブルとかは、オレは関係ない話なので腹が立つわけですね(笑)

2012-04-24(Tue)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR