たまに新幹線に乗るとシウマイ弁当である

シウマイ弁当

新幹線に乗る前に崎陽軒のシウマイ弁当を買う。
東京に向かうときは、お茶も一緒に買って、サクッと食べる。
逆方向のときは、車内販売で冷えたビールを買って、ゆっくり食べる。
サッポロ黒ラベルの缶が300系車両の引退モードになっていた。
暮れには有馬記念になったりするけれど、この内容はJRでの販売だけなのだろうか。

スポンサーサイト
2012-03-31(Sat)
 

日替わりがありがたい四品定食

四品定食@乃んき

ちょっと久しぶりに東横線・綱島の定食「乃んき」。

この日の四品定食は、
・さんまの開き
・冷や奴
・エビかつ
・ほうれん草エッグ
・大根と揚げとわかめのみそ汁
・お新香
・ご飯
であった。

定食1100円とモルツの中瓶490円。
ビール半分飲んで待ち、おかず半分でビールを空けて、残ったおかずで飯を食う。
卓上の唐辛子が七味ではなくて、一味ってのもなかなか良い(山椒の香らない七味は意味ないし、香ると合う合わないが出てくるからね)。

まったく、変な居酒屋(ま、ぱさぱさした焼き鳥とかトロサーモンとかのくせにすぐ5000円、って感じのとこ:笑)に行くよりはるかに良い。
駅前がラーメン屋だらけで大変なことになってんだけれど、(牛丼チェーンの定食とかではなくて)まともな定食が食べられるお店は、僕が日が暮れたらラーメンは食わないということを差し引いても、貴重な存在だ。
内容もそうだけれど、「今日は何かな?」という気持ちで店に入れるのがいいよね。
牛丼やSガストのメニューは、残念なことに完全に把握しているので、まったくそういった楽しみがない(苦笑)。


2012-03-30(Fri)
 

高騰中なのに鰻スイッチが入ってしまった

ほさかやの蒲焼

鰻が高騰中なのだが、こんなときに鰻スイッチが入ってしまって、鰻が無性に食べたいのであった。
というわけで、自由が丘の「ほさかや」でヒレ串と蒲焼。
この蒲焼は大小あるうちの小で1300円と大変にありがたい。
薬缶で暖めてある燗酒は350円だし、2000円台で満足できる(笑)。
ビールはキリンとアサヒの大瓶をどちらか、というのも良い。
昼は丼と重があるけれど、夜は飯を出さない「飲み屋ですから」というお店。
ここも、自由が丘で変わらない懐かしいお店のひとつ。

2012-03-29(Thu)
 

昔を思い出す鳥せいろ@自由が丘・藪伊豆

鳥せいろ

若い頃、自由が丘の近く(徒歩15分くらい)に住んでいたことがあって、駅前ロータリーに面したここの蕎麦屋にはよく行った。
当時は、言うまでもなく金がないので、こういうところで鳥わさに燗酒(蕎麦味噌が付いてくる)で飲んでから蕎麦で締めるなんてのは、たまの贅沢だったけれどね。
蕎麦で良く食べたのが写真の鳥せいろ。
せいろだけだとちと物足りないし、鳥南蛮とせいろってのもちょっと多すぎるなどで、こういう折衷メニューを選ぶのだな(笑)。

店をきれいに改装してから、一時、ちょっと味が落ちたかなと思ったんだけれど、最近はキレの良い蕎麦を出してくれるようになった。
以前は更科系の白い蕎麦だったけれど、色が濃い蕎麦になったね。
鳥せいろには、切れ目を入れてひねったかまぼこも入っていたけれど、最近は鳥だけになった。
25年くらい前は900円だったかな? いまは1200円。

自由が丘界隈には、20代の頃を思い出す味がいくつかあって、この蕎麦もそのひとつだね。


2012-03-28(Wed)
 

久しぶりに驚いた定食@毎日新聞社地下

百人亭の定食

竹橋に行った(ジャクソン・ポロック展)ので、毎日新聞社地下の「百人亭」ってところで定食を食ったのたが、その定食メニューたるやどれもこれもすごいね。
飯大盛り、特盛りがサービスってんで、てんこ盛りの飯を食っている人多数。
写真は、週替り定食。内容は、
・ホタテフライ2個
・豚とピーマンの炒め物
・野菜
・牛タン
・とろろ
・漬物
・テールスープ
・麦飯
と、動物性たんぱく質だけでも、ホタテ、牛、豚、ウズラ卵という状態。
これで900円。
毎日新聞は、スポニチだけではないはずだが、、、(苦笑)。

2012-03-27(Tue)
 

鰻丼(200g)

鰻丼

久しぶりに鰻。
このお店は、松竹梅などではなく、200g、300gなどと鰻の重さで値段が決まっている。
鰻屋の松竹梅って鰻の量で決まるので、ま、本質的ではあるんだけれど、なんとなくステーキ屋みたいなアメリカンな感じがあるね。
写真は200gで2100円。鰻は高騰していて大変なんだけど、良心的な価格と思う。
これに糠漬けと骨せんべいが付く。
(渋谷の駅前の店なんて税込み2940円だったのが4410円になったからね)

鰻のほうは、かなり柔らかめの蒲焼。もう少ししっかり目のほうが好きかな?
小田原の松琴楼で昼飯。



2012-03-26(Mon)
 

刺身定食+納豆

刺身定食+納豆

東横線・綱島駅前の定食「乃んき」。この日の昼は、刺身定食が900円のところが600円。
迷わずそれにして、納豆100円を追加オーダー。
この内容で700円はとてもありがたい。


2012-03-24(Sat)
 

山かけ

山かけ

マグロの赤身を軽くヅケにして、長いもをすり下ろしたとろろとあわせたのが山かけ。
こういうので、燗酒を飲んでいるとなかなか幸せな気分になるね。
マグロは赤身ってのが大事。
以前は、醤油をさらにかけてまぜていたが、最近は薄味に慣れたな。
マグロがヅケになってない場合はわさび醤油をたらすけどね。




2012-03-23(Fri)
 

豚肉のハンバーグ・黒酢と生姜のオニオンソース

豚肉のハンバーグ

デニーズの最近のメニュー。
これ、明らかに以前からある牛のハンバーグより安くて美味い。
夜遅い晩飯でも、軽くてもたれない。
これですね。
 ↓
http://www.dennys.jp/dny/menu/dennys/meat/meat-120313-003.html

これとスパゲティとかでちょうど良いね。
ぺペロンチーノがあればよいのだが、、、(なかなか上手く行かないもんだ:笑)。




2012-03-22(Thu)
 

茶そばのもり

茶そばのもり

いくつか前で書いた茶そばの鳥南蛮のお店のもりそば。
なかなか、しゃきっとしたもりそばでよいね。量も十分。
汁がちょっと薄口かな?
それにしても、都心で500円でもりが食えるのは有り難いことですね。

ネットで見ると「なんでそばが緑なんですか? ってお店の人に聞いたら、抹茶が入っているんですって!」なんて書き込みがあって、微笑ましいですね(苦笑)。
人間は知識ゼロで生まれてきて成長していくものなので、一概に否定はしませんが、ま、なんだかな、とは思います(笑)。

で、茶そばといえば、そば寿司ですかねぇ、、、。
軽くヅケにしたマグロの赤身(ま、居酒屋あたりでは刺身ではちょっと、ってぎりぎりになったのを、とか)を茶そばと海苔で巻き簾でぎゅっと巻いて、ですね。
米と違ってまとまりが悪いので、海苔の内側にオブラートを重ねたりしますね。
締めにも良いし、肴にもなる。

2012-03-21(Wed)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR