刺し盛り


魚が売り物の居酒屋の刺し盛り。
まぐろ、ウニ、カンパチ、ハマチ、タイ、馬刺し。
カンパチとハマチがかなり似ているので、どっちかを他のものにしてくれると、なお良し。
馬刺しってのは、ちょっと意外な組み合わせ。

ハマチ → アジ
馬刺し → ホタテ
であれば、完璧かな?

ま、でも、これで2000円はお値打ち。

スポンサーサイト
2006-06-30(Fri)
 

量少な目のラーメン


恵比寿の人気店のしょうゆラーメン。
量も味のうち、という私にとってはちょっと物足りない。
小腹が空いたときにはちょうどいい。
たまに食うと、いくつか気になる点もあれど、ま、なかなか美味い。

2006-06-29(Thu)
 

厚揚げを焼いたもの


厚揚げ焼きである。
何の変哲もないが、けっこう好きである。
本当は、油揚げをちょっと焦げ目が付くくらい焼いたのに大根おろしをかけて食うほうが好きである。
でも、居酒屋とか焼き鳥屋とかに行くと、普通は厚揚げしか置いてないので、つい頼んでしまう。
ま、1丁まるごと出てくるので、「量も味のうち」とは言いつつ、一人だとちょっと多いけどね(笑)。

先日、某居酒屋で晩飯を食っていたら、いかにも田舎から出てきた感じの初老のオヤジ二人連れ。
「カウンターでいいや」
「生ビールでいいや」
って、ま、いいや、いいや、って物言いが気になっちまったんだけど、
「うわー、この店、オレの好きなものばかり揃ってるよ!」
って声が聞こえてきたんで、耳ダンボになってたら、
「焼き鳥、塩辛、煮込み、厚揚げ、、、。堪らんなあ」
だって、、、(苦笑)。
まったく、居酒屋ならどこにでもあるだろうがっ!

ま、厚揚げは結構好きだが、わざわざ論うほどの物ではない(笑)。

2006-06-28(Wed)
 

天丼


「天丼」。
日経の木曜夕刊に出ている小泉武夫氏のコラムが天丼だったのと、
今朝見ていた日経ネットのどっかのページで天丼を見たら、
もう、すっかり天丼モードで、、、。

エビ×2、オクラ×2、大葉、カボチャ、メゴチだったかな?
赤だしにお新香で980円はまあまあかな?

ま、てんぷらは、たまに食うと美味いですねえ、、、。
今日のは、ぜんぜんもたれなかった。
変なとこで食うと、ほぼ確実にもたれるので、、、。

2006-06-26(Mon)
 

ネパール風の焼そば


恵比寿のネパールレストランの焼そば。
麺は平打ちで、きしめんよりちょっと細いくらい。
あまり辛くはないが、カレーっぽい風味でなかなか美味い。
焼そばってのは、ビールに良く合うなあ、、、。
ソース焼そばにせよ、上海焼そばにせよ、これにせよ。

これ以外にも、鳥の炒め物、バーベキューの盛り合わせ、ライスコロッケなどを食べたけれど、
どれもインド風ではあるものの、インド料理ほど辛くはなくて、まろやかな感じ。
なかなかいいです、ネパール料理。

2006-06-26(Mon)
 

四川麻婆豆腐


学芸大駅近くの四川料理屋さんの麻婆豆腐。
久しぶりに行ったが、山椒が利いていて相変わらず美味い。
辛さを5段階で指定できるのと、ご飯をちょっと付けてくれるのも、なかなか気が利いている。
4辛にしてのだが、5辛でもよかったかな?
この日は、コース(前菜5点盛り、炒め物2種類、点心、麻婆豆腐、餡かけ焼そば、デザートで3600円くらいでお値打ち)で食べたのだが、麻婆豆腐は最後の麺 or 飯の直前に出てきた。
ただ、麻婆豆腐は味が強いので、順番としては、これは一考の余地があるな、、、。

2006-06-24(Sat)
 

冷や汁


宮崎名物の冷や汁である。
家庭のカレーライスのようなもので、これという定義はないらしいが、それでも、
・ご飯に冷たい味噌汁をかける
という一線はある。
加えて、
・ムロアジの焼いたのをほぐしたものが入っている
・きゅうりの薄切りと豆腐が少々
・ゴマがかかっている
くらいだと抜群である。
写真は、日吉のお店だが、これ以上ないという内容で、量も飲んだ後に適当なもの。
ご飯は、熱い場合と冷たい場合があるようだが、やはりこの時期、冷たいほうが、、、。
その際に、冷やご飯そのままではなくて、一回、出汁でさっと洗うと、パラっとすっきりな冷や汁になる。
サラサラとかっ込む感じがいいので、トロロご飯のようになってはイカンと思う。

2006-06-21(Wed)
 

カツオの叩き


カツオは美味いですね。
ま、今じゃ年中食えるし、冷凍ものでも十分美味いのではありますが、、、。

2006-06-20(Tue)
 

超ヘルシーな冷し中華


これはヘルシーだ。
ほうれん草を練り込んだ麺、海藻と野菜と魚介だけのトッピング。
タレは醤油ベースでしっかりした味。
かなり美味いんだけど、あまりにヘルシーで物足りないくらい(笑)。
やっぱり、錦糸卵と肉っ気は大事だなぁ、、、。

2006-06-15(Thu)
 

穴子の薄造り


ふぐではありません。生の穴子を薄造りにしたもの。
歯応えがしっかりしていて、脂が乗って味も濃厚です。
薄造りにする意味が良く分かる。
これは美味いなあ、、、。

2006-06-10(Sat)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR