ウニ、イクラ丼


ま、お約束のウニ、イクラ丼。
これも函館。

ウニはさっぱり、イクラの味付けは絶妙、という素晴らしい一品でした。
どこでも出てくるけれど、どこで食っても美味い、というわけではありません。
ここのは相当高いレベルでした。

※北海道シリーズ(元祖旭川ラーメンからここまで)は、いったん終わります。

スポンサーサイト
2005-08-26(Fri)
 

岩がき


これも、函館。岩がき。
適度なサイズで意外にあっさり。
あまりでかいとひと口で食べられないし、切って出されたりしても、興ざめなんで、、、。

2005-08-26(Fri)
 

イカの刺身


函館のイカの刺身。
普段食べるイカとは、まったくの別物。
トロッとした感じなんかぜんぜんなくて、しゃきしゃきした食感。
色もしろではなくて、透明あるいは半透明。
ワタも刺身で食べるが、まったく臭みがなく、ただ旨みのみを感じる。
吸盤で皿に張り付いていたゲソをひっぺがして、切ってもらって、これも食べる。

2005-08-26(Fri)
 

シジミとベーコンのスープカレー


これはシジミとベーコンのスープカレー。
こっちは、白いご飯(ちょっとかために炊いてある)をひたして食べる。
ダシが出るもの同士の組み合わせだが、これもなかなかのマッチング。
ちょっと辛味パウダーを足して辛くして食べる。

この他に、アサリとイカ(海の味が濃い)、チキンと野菜(普通に美味い)、
ズッキーニなどの野菜中心のものなど、何種類かがあるが、どれもマッチングに納得させられる。

2005-08-26(Fri)
 

卵とトマトのスープカレー


これは札幌の新名物「スープカレー」。
札幌に行ったら、ラーメンは食べなくても、スープカレーは必ず食べる。
ここは、実家近くの女性シェフのお店。
この「卵とトマト」は、ご飯の上にふわふわの卵とトマトのざく切りが乗っていて、
別盛りのスープカレーにつけて食べる。
カレーがマイルドになるだけでなく、マッチングが素晴らしい。

2005-08-26(Fri)
 

豚のソーセージ


メインディッシュその3。
豚のソーセージ。イタリア語では、サルシッチャという。
店の肉料理の「一押し」ということだった。
言葉通り、ジューシーで美味いのであった。

2005-08-26(Fri)
 

羊のトマト煮


メインディッシュその2。
羊のすね肉をトマトソースで煮込んだもの。
トマトソースにも、羊の味が出て、非常に美味い。
ボリュームもたっぷり。

2005-08-26(Fri)
 

羊のステーキ


メインディッシュその1。
あばらのあたりの厚切りの肉をちょっとバルサミコが入ったソースで。

2005-08-26(Fri)
 

秋刀魚をイタリアンで


これは、札幌の一軒屋のイタリアン・レストラン。
秋刀魚を軽く締めて、ガーリックトーストに乗せた前菜。
いや、これが絶妙で美味い。

2005-08-25(Thu)
 

活ウニ


生きて水槽にいるウニを割って、なかの黄色いところだけをすくって食べる。
当然、トゲはまだもぞもぞ動いている。
素晴らしくあっさりしていて、雑味が一切ない。
濃厚なトロリとした食感や味わいを求めると、ちょっと物足りないほど。
1個300円ってのも安い。

2005-08-25(Thu)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR